【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「女はみんな生きている」
【ネタバレです】
a0031718_23241165.jpg


亭主と息子の世話を焼いてと、男二人からはまるで家政婦扱いの主婦エレーヌ。ある事件をきっかけに娼婦ノミエと出合い、女としての生きがいを求めるスリリングな毎日へ。フランスでは驚異の口コミ大ヒットロングランを記録した、観る者すべてを元気にする映画です!

原題は「Chaos」=チャオだけど、邦題は作品を良く現していると思う。まあ、逞しすぎるぐらい立派に生きてますわ。映画全体のテンポが非常に良いし、無駄なシーンもないので時間を忘れて見てしまいました。

冒頭のシーンの主婦エレーヌと夫、夫と母、エレーヌと息子の関係がギクシャクしているを通り越して、冷めている。エレーヌが不満を持ちつつも、現状に流されているというのが、よく判る。ここがしっかり描かれているので、この後の娼婦ノエミに対する過剰なほどの入れ込み具合が不自然と思わず見れるんやろうと思います。

ノエミの過去はかなり悲惨やけど、絶対この状況を抜け出すんだという強い気持ちが伝わってきたし、子供の頃勉強ができたというのが伏線になって株の売買での才能やコンピューターを簡単にマスターしていくとこなんかも楽しくみれた。

女性を応援する映画と言えど、出てくる男たち、まともな奴おらんやん(^^;その方が作品が面白くなるのはよくわかるんだけど、男の立場で見るとほんまに情けないなぁと思います。

女はみんな生きている 公式ホームページ

過去の鑑賞作を掲載しています
2004年4月17日(土) シネマ・アイリス
[PR]
by borderline-kanu | 2004-10-05 23:22 | 映画レビュー
<< アジアユース準決勝「韓国戦」 アジアユース「カタール戦」  >>