【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「TUBE」 
ぺ・ドゥナ見たさに前売り買って、見に行きました!

いきなり空港での銃撃戦がはじまり、落ち着く暇なく、地下鉄バトルへ。これでもかのアクション三昧、チャン刑事(キム・ソックン)、テロリスト・ギテク(パク・サンミン)2人ともスーパーマン(^^; 突っ込みどころ満載のB級アクションです。

【ネタバレです】
a0031718_1072916.jpg

「シュリ」の助監督だったペク・ウナクの初監督作品。
登場人物の描き方は薄っぺらく、チャンと女スリ・インギョン(ペ・ドゥナ)の出会いがあいまいなだけにラストのお別れシーンも盛り上がらない。それにチャンは死んだ奥さんの方にまだ未練残ってそうだし。しかし、アクションシーンは見ていて飽きないし、さらに笑わしてくれます(^^;

銃で撃たれたのを薄い鉄板で命拾いしたり、走る地下鉄の窓に落ちないようにしがみついてるのが精一杯なのに、そこから窓を割って起死回生のドロップキックをしたりと、見た目無口で地味なんだけどやることは、凄いよチャン刑事。

ギテクもこんな大それたこと、2人でやろうとするのは見上げた根性です。
チャン刑事(とはばれてなかったが)が車両の下から先頭車両に忍び込もうとしたシーンも、怪しいと思ったら、普通2両目の車両チェックぐらいしそうなもんなんだけど、そうしたらこのテロ成功だったのに・・・

ぺ・ドゥナはどうしても「ほえる犬は噛まない」の印象が強いので、物足りないなぁと思うのだけど、あっちの映画の方がイレギュラーな役だろうから仕方ないか。

2004年11月7日(日) シネ・リーブル梅田
[PR]
by borderline-kanu | 2004-11-13 10:11 | 映画レビュー
<< エリザベス女王杯 展望 「オールド・ボーイ」 >>