【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「マスター・アンド・コマンダー」
自分の勉強不足もあるけど、海外の歴史ものってのはどうも馴染めません。あまり期待してたわけじゃないんだけど、全然おもしろくない(^^; 中だるみというか最初からパッとしない。ラスト30分ぐらい見ればいいんじゃないかと。

【ネタバレです】
a0031718_00987.jpg

ほぼ全編、船上でのシーンなんで、揺れる揺れる。これだけでもう気分悪い。

船長ら幹部の食事シーンは、海の男の豪快さを出そうとしてるんやけど、笑い声が嘘くさ~と思ったのは私だけかな。オーブリー船長(ラッセル・クロウ)が冗談言うシーンも劇中でもしょうもないと言われてるんやけど、ほんまにしょうもない。見てるほうが恥ずかしくなる(^^)

ガラパゴス諸島で見つけたナナフシ(擬態する昆虫)をヒントにサプライズ号を捕鯨船にカモフラージュすることを思いつくシーンもあっさりしすぎで、取ってつけたようにしか見えません。まるでその為だけにガラパゴスロケしたんじゃないかと疑いたくなる。でもガラパゴスの映像は本当にキレイです。

「いまを生きる」「トゥルーマンショウ」のピーター・ウィアー監督なので、人間ドラマにも期待はあったのですが、予告で出ていた少年たちのシーンもおまけ程度でもっとそのへんを掘り下げれば、退屈しなかったのにと思います。

過去の鑑賞作を掲載しています。
2004年3月20日(土) シネマ大門
[PR]
by borderline-kanu | 2004-11-29 00:04 | 映画レビュー
<< 「ゴシカ」 ジャパンカップ&ジャパンカップ... >>