【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
「僕の彼女を紹介します」
クァク・ジェヨン監督もチョン・ジヒョンも大好きですが、
これは調子乗りすぎでしょう、監督。
「猟奇的な彼女」ですっかり韓国映画にはまった私としては、今年1番の待ちに待った1本だったのですが・・・

a0031718_10514790.jpg

a0031718_1101280.jpg





正義感が強く、男勝りなギョンジン巡査(チョン・ジヒョン)と高校教師ミョンウ(チャン・ヒョク)の出会いの場面は良かったけど、そこからのエピソードが細切れすぎて、つながりが悪過ぎる。個々のエピソードはそれぞれ面白いのにもったいない。

この映画が致命的なのは、お互いに好きになっていく場面が実はないこと。ここにもっと時間とっていかないと、後半に盛り上げるシーンが無理やりに思えてしまう。個人的には、ギョンジンが飛び降りた時に、手の形したアドバルーンで救われるシーンを見て、ラブコメではなく、ファンタジーなんだなと、ここで見る気が半減でしたね。

「猟奇的な彼女」を見て、涙ボロボロだったので、タオル生地のちょっと大きめハンカチまで持っていったのに、泣けなかったなぁ。ギョンジンのせつない思いはいいんだけどね。

最後にキョヌが出てきたのは笑った。ちょっと太ってない(^^)
ここは監督のお遊びなんだろうけど、前作に頼ってるようであまり好きになれなかった。

チョン・ジヒョン見れたこと以外に見るべきものはなかった。チャン・ヒョクも死ぬまでは良かったんだけど、復活した時の顔が見栄晴に見えて仕方なかったんだよね。
[PR]
by borderline-kanu | 2004-12-19 11:50 | 映画レビュー
<< 阪神牝馬S&CBC賞 回顧 阪神牝馬S&CBC賞 展望 >>