【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
「Mr.インクレディブル」
ディズニー&ピクサー作品だけあって、安心して見れる。でもそれが予定調和になりがちなんだけど、途中で全くだれないのは、さすがとしか言いようがない。本当にハズレがないですね。

【ネタバレです】
a0031718_23305663.jpg

この映画見て、真っ先に思い出したのがスパイダーマン。
日の当たる場面だけじゃなく、普段の苦悩をコミカルに描くことで、身近な存在に感じることができて、より一層応援したくなる。この作品でもヒーローを辞めさせられたインクレディブルが力を持て余しながら、悶々と過ごしているシーンが私は一番好きです。

前作「ファインディング・ニモ」は、「父親の成長」物語だったのが、今回は「家族愛」。
あるあると思うような普通の家庭でも起こりそうなことがスーパーヒーローの家庭でもおこる。子供が見ても大人が見ても共感できるようになってるんだよね。

裏主人公はインクレディブル夫人か。彼女のおかげで家庭も世界も守られたといって良いほど、影でMr.インクレディブルを支えながら、八面六臂の活躍が見どころです。

ただ、個人的にはもう少し毒がある方が好みだったりするので、ドリームワークスの「シャーク・テール」には期待してます。

2004年12月14日(火) 梅田ブルク7
Mr.インクレディブル@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2004-12-23 23:57 | 映画レビュー
<< 「ファインディング・ニモ」 「シービスケット」 >>