【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
「ミスティック・リバー」
今年初めての映画館での鑑賞(2004年1月現在)
今までクリント・イーストウッドは暗い、重いってイメージがあって、役者としても監督としてもほとんど作品見てなかったんです。そしてこの作品もかなり重いし、後味も良くない。ただストーリーは惹きつけるものがあるし、あれだけ実力派の俳優が揃えば面白くないわけがない。

ジミー(ショーン・ペン)、ショーン(ケビン・ベーコン)、デイブ(ティム・ロビンス)幼なじみ3人がジミーの娘の殺人事件を機に再会する。

【ネタバレです】
a0031718_1302974.jpg

デイブはもちろん、あとの2人も25年前の監禁事件が消せない記憶として残っている。「ちょっとしたことが人生を変える」というジミーの言葉や「これが夢で本当はまだ11歳のままなんだ。」「もしあの車に3人とも乗っていたら・・・」というショーンの言葉が痛い。

デイブが殺されるシーンで、「娘を殺したと言えば、命は助けてやる。」とジミーに言われて、言ったら絶対殺されるって思うから、心の中で「絶対言うなよ。」と念じてたたけど、やっぱり言ってしまった。緊張感あったなぁ。

通報者の「彼女の名前か?」というのは、ずっとひっかかっていた。「彼女」と言ったので、てっきり死体が車の中にあるもんと思ってたのに捜索してたから。ただ、これがあの少年たちに結びつかんかったんよね。

ラストでジミーの奥さんが「あなたは街の王様」って言うシーンはちょっと理解できなかった。
なんでもありってこと?、道徳感なんてまるっきりないよね。アメリカの人はどう見てるのかが知りたい。

デイブの息子がマイケルなんだけど、何度見ても、奥さんの顔がマイケル・ジャクソンに見えて仕方なかったよ(^^;

過去の鑑賞作を掲載しています。
2004年1月11日(日) シネマ大門
[PR]
by borderline-kanu | 2004-12-29 13:00 | 映画レビュー
<< 2004年観た映画、何でもベスト1 有馬記念 回顧 >>