【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
「TAXI NY」
フランス映画の「TAXI」のハリウッドリメイク版。
元映画を未見なので、どれぐらい変わってるかは判らないのですが、オープニングでメッセンジャーのベル(クイーン・ラティファ)がタイムトライアルするシーンで、これ面白そうと思ったんだけど・・・

ベルとコンビを組むのが敏腕刑事のウォッシュバーン(ジミー・ファロン)、本当に敏腕なのかをかなり怪しいのですが、車の運転だけは間違いなく猿以下子供レベルです。対決する強盗団はブラジル人のセクシー4人組みのスーパーレディ。

【ネタバレです】
a0031718_10892.jpg


この映画、お笑い担当がウォッシュバーン刑事のみなんですよね。
縦列駐車から出るのに、前と後ろの車にバンバン当たりまくるシーンは面白いんだけど、さすがにそれはないやろうと思えてしまう。それは他の登場人物がまとも過ぎて、コメディにしては逆に中途半端な印象になっている。トラウマかもしれないけど、あれじゃ絶対免許もらえないもん。これをありにするなら、もっとハチャメチャにやってくれた方がすっきりする。

ベルも強盗団も一見カッコイイけど、どこか間抜けなとこがあるぐらいの方がバランスが取れてええんじゃないでしょうか。ウォッシュバーンのお母さんはいい味だしてましたね。

強盗団の手口もゴミ収集車にお金を回収させるのはリスク大きすぎだし。

カーチェイスは小気味良くて楽しいのですが、コメディとしてならもっとトコトンやって欲しかったな。

2005年1月10日(月) OS・シネフェニックス
[PR]
by borderline-kanu | 2005-01-12 01:35 | 映画レビュー
<< 「約三十の嘘」 意地と意地のぶつかり合い >>