【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
「ラスト サムライ」
それぞれの人物にベースとなった実在の人物はいるのだろうけど、あくまでも明治維新以後のパラレルワールドだからこそ、変な詮索せずに見れたと思う。

【ネタバレです】

ハリウッド映画・トム・クルーズ主演でここまで日本的な映画になるとはとても想像できなかった。渡辺謙や真田広之の出演効果は大きいとは思うけども、ラストでは明治天皇がアメリカ大使に対してはっきりNO!と言ったり、ハリウッドらしくない部分もあって好感。

時代劇は普段見ないので比較できないですが、戦闘シーンのダイナミックさと殺陣はスピード感があり、かなりカッコイイ。これを見ると「キル・ビル」の殺陣がちゃちく感じるなぁ。

勝元(渡辺謙)は、英語ペラペラで意外と愛嬌があり、侍ぽっくない。なのに時代の変化もわからないはずないのに鉄砲も使わず騎馬隊だけというのが最初は違和感があった。

勝元の戦いというのは、決して昔に遡るような武士の国を作ることが目的ではなく、天皇の取り巻き(特に大村)が私利私欲に走り、日本が危うくなることを阻止したいという気持ちが強い。だからあえて鉄砲など近代兵器を使わないんかと解釈したんやけど考えすぎだろうか。単純に近代兵器との対比を際立たせるためだけかもしれないんだけど。

勝元が完璧すぎるのが不満、スーパーマンやからね。

この映画は武士道をテーマにしてるけど、私含めてどれぐらいの日本人が判ってるかは疑問です。感覚的には同調できるもんあっても、今はサムライの時代ではないんでほんとの意味では理解できてないと思う。でも日本のことを外国人に知ってもらうには、良いきっかけになる映画だと思います。

過去の鑑賞作を掲載しています。
2003年12月24日(水) シネマ大門
[PR]
by borderline-kanu | 2005-01-20 22:59 | 映画レビュー
<< 「恋人までの距離(ディスタンス)」 調子に乗って3枚も >>