【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「シャーク・テイル」
オスカー(ウィル・スミス)は、鯨の舌掃除をやってるが、上昇志向の強い小さな魚。サメのドン・リノ(ロバート・デ・ニーロ)の息子レニー(ジャック・ブラック)は、ベジタリアンで魚一匹殺せない。そんな2匹が、レニーの兄フランキーが錨に刺さって死んでしまったことをきっかけに出会い、奇妙な友情が生まれていく。

声優陣の豪華なことといったら、オーシャンズ12にも負けていない。このほかにもオスカーのことが好きなアンジー(レニー・ゼルウィガー)、オスカーを誘惑するローラ(アンジェリーナ・ジョリー)、オスカーの働いてる会社の社長サイクス(マーティン・スコセッシ)と実写では集められない面々です。それぞれのキャラも声優に擬人化してるので非常に判りやすい。ジャック・ブラックはちと印象とは違うかな。

a0031718_2123237.jpg

ドン・リノなんてゴッドファーザーまんま(^^)そういったこともあって、大人向けの雰囲気ですが、ストーリーは単純お子様向け。大人が見ても子供が見てもソコソコ楽しめるかもしれないけど、平均点の映画じゃないかな。私の場合はウィル・スミスがあまり好きじゃないので、彼そのままのオスカーも「いちびり」(これは方言?)なだけで好きになれなかった。

ピクサーの「ファインディング・ニモ」に対抗して作られたらしいですが、圧倒的に「ファインディング・ニモ」の勝ちですね。海中のシーンも良くできてるけど2度目だと驚きも少なかったし、声優陣に頼りすぎた感じがしました。

2005年3月9日(水) 梅田ブルク7
シャーク・テイル@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-03-12 21:49 | 映画レビュー
<< 「オペラ座の怪人」 「セルラー」 >>