【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
「トラベリング・ウィズ・ゲバラ」
a0031718_21313832.jpg
大阪では4月28日、29日の2日間、しかもレイトショーだけの上映でしたが、どうしても見たくて行って来ました。この時間にしては8割がた埋まってましたよ。と言っても100人ほどの劇場ですけどね。

この劇場、傾斜があまり無い代わりに、席はちゃんと交互になっていて、普段は見やすいのですが、前から3列目に座ったら、前の女性の座高が異様に高い・・・ おかげで字幕見るため首曲げないといけなくて、疲れていたから途中でつらかった。
   ↑真ん中が本物のアルベルト・グラナード80歳越えてます!

チェ・ゲバラがまだ学生だった頃、人生の大きな機転となった南米大陸縦断旅行を描いた「モーターサイクル・ダイアリーズ」 のメイキングと思っていたのですが、なんと主役はゲバラと共に旅をしたアルベルト・グラナード本人!

「モーターサイクル・ダイアリーズ」のラストにも本人役で出演していたんだけど、なんとこの作品の撮影にずっと帯同。それは50年以上の時を経て、あの頃に戻れる懐かしい旅になった。アルベルトは幸せモンやなぁ。
a0031718_21531020.jpg

このおじいちゃんがまた元気なんだな。当時のエピソードを彼が語るシーンは本当に楽しそう。この実体験からの助言が「モーターサイクル・ダイアリーズ」に影響を与えたのが良く判りまする。単なるメイキングではなく、リアルな南米大陸の現実を見れる作品になった。

あと印象に残ってるのが、ガエル・ガルシア・ベルナルが子供の頃、ゲバラをヒーローとして育ったと語るシーン。ゲバラの中南米での影響力が大きいことをあらためて感じました。

2005年4月29日(金) 梅田ガーデンシネマ
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-10 23:32 | 映画レビュー
<< 「英語完全征服」 「アビエイター」 >>