【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」
一見、子供向けかと思ったけど、大人も十分楽しめるクオリティを持った作品だと思います。独特な世界観をしっかり表現していて、衣装や小道具までこだわり、手抜きのなさが好感が持てる。観客が誰も立たないほどエンドロールの出来も見事、最後の最後までどっぷりこの不思議な世界に浸れますよ。

ジュード・ロウが声だけの出演なので、生声を聞きたい方は字幕版で!

発明の天才ヴァイオレット、読んだ本のことは全て記憶しているクラウス、なんにでも噛み付く赤ちゃんのサニー。そんな三姉弟妹の自宅が全焼し、両親も亡くなってしまった。孤児となった三姉弟妹は、遠い親戚のオラフ伯爵(ジム・キャリー)に預けられることになるのだが・・・
【ネタバレです】
a0031718_119163.jpg

この三姉弟妹がどんな時も前向きだから、そんなに不幸そうに見えないかもしれないけど、実は4人も殺されてるんですよね。そう考えるととても子供向きとは言えないけど、逆にそのダークさが魅力のファンタジーに仕上がってる。

3人の子供たちのキャラも役割分担がしっかり出来ていて、能力を駆使して、窮地を脱出する様も飽きさせません。踏切からの脱出場面なんかありえないけど、好きだなぁ。ヴァイオレット役のエミリー・ブラウニング、後藤真希に似てない?

そして何といっても、ジム・キャリー!
「マジェスティック」や「エターナル・サンシャイン」での抑えた演技も好きだけど、やはり彼の本領発揮できる舞台はコメディ。彼の顔はオーバーアクトになりがちだが、得体の知れないオラフ伯爵にはぴったり。全く違和感なく、彼以外は考えられない当たり役だと思う。

メリル・ストリープもジム・キャリーに感化されたかのように、実に楽しそうに演技している。最近の彼女の出演作は「アダプテーション」しか見てなくて、昔に見た「永遠に美しく…」というブラック・コメディのイメージが強いので、こういう役をやってくれて嬉しかった。

アメリカではあまり評判高くなかったらしいのですが、続編はやってくれるのかな?両親の秘密と望遠鏡の謎が残ったままなので、是非やって欲しいです。

子供向きと決め付けて、「ハリーポッター」シリーズは未見なのだけど、比べるとどうなんでしょう?いまさら見たいとも思わないんだけどなぁ。

2005年5月6日(金) 梅田ピカデリー
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-14 02:40 | 映画レビュー
<< 「セレッソ大阪vsガンバ大阪」... 「英語完全征服」 >>