【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
「亀は意外と早く泳ぐ」
「フォッフォッフォッ」って、バルタン星人かい(^^;

「イン・ザ・プール」が面白くて、三木聡監督の次回作ということで即前売り買いました。前作はちょっと普通でない人たちを描いた作品だけど、今回の主人公は、あまりにも平凡すぎて、それが非凡じゃないかと言われてる主婦スズメ(上野樹里)。女スパイとして平凡に生きろと命令され、それを意識するばかりに何が平凡か判らなくなってきてしまう。平凡であることが実は面白いという、前作とは逆のアプローチながら、ほんわかした笑いが満載です。

【小ネタ バレ】
シズオ(岩松了)とエツコ(ふせえり)の夫婦漫才スパイと絡むとスズメは生き生きしてくる。平凡を追求する夫婦の姿がツボでした。いつまで経っても頭から離れないのが、 小豆パンダちゃ~ん と言いながら、何故かピンク色したパンダのクッションを出すエツコの嬉しそうな顔。また4本の手羽先を鍵十字に並べて「手羽先ナチス」と言う時の誇らしげなシズオの顔など脱力系ながらも飽きさせない小ネタが続く(^^;

そこそこのラメーンを美味いというスズメはやっぱり平凡なんだなとか、要潤あんたがそれやるのは卑怯だ(^^; ナルシストだから余計に面白いって、女の子3人組は話してました。

【ラストちょこっとバレ】
a0031718_0483096.jpg

どうしても、ゆるいスパイの正体ってなんやねんと思うじゃないですか。でもこのまま何もなく終わるのかなぁと思ってたら、少しずつだけど、ラストに向け緊迫感も出てくるし、期待しちゃうよね。
「イン・ザ・プール」では伊良部一郎のキャラそのままに、ラストまで突っ走ったのが良かったけど、今回はちょっと尻すぼみな気がしましたね。テイストの違いだから仕方ないのかな。
「お前らどこに行ってん」って気になる、気になる(^^;

このユルサは夏にはぴったりかも、ダラ~として見ましょう。

2005年7月31日(日) テアトル梅田
亀は意外と速く泳ぐ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-08-06 00:52 | 映画レビュー
<< 「魁!!クロマティ高校 THE... 2005 CINEMA (~7月) >>