【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「リンダ リンダ リンダ」
私がこの作品を見ようと思ったのは、ぺ・デゥナが出てるから(^^)
そうじゃなかったら、多分スルーしてたと思う。でも見て良かった!天然ボケキャラのぺ・デゥナが日本語が片言しか分からない留学生役として違和感なく馴染んでいる。彼女の絶妙な間は、いいアクセントになっていて、代わりは考えられません!見る前はせっかく出演してくれたんだから、彼女中心にしてしまいがちだと思うけど、彼女はあくまでも4人の中の1人なのも好感がもてる。山下敦弘監督の他の作品も見たくなりました。
a0031718_2223468.jpg

あなたが私にくれたもの、キリンが逆立ちしたピアス♪
BOOWY、ジュンスカ、ユニコーンにジッタリン・ジン。部室でどんどん出てくるテープと3人の会話に気持ちは高校時代へ飛んでいきました!これだけでつかみはOK。

学祭に向けた数日で、急遽ブルーハーツをやることになった4人というシチュエーションなら、もっと色々なことが起きても不思議じゃないんだけど、あえて何も起こらないのが逆に新鮮。高校生活のちょっとした日常の面白さや、仲間といる楽しさが伝わってきました。力身のなさが本当にいい方に出てると思います。

ソン(ぺ・デゥナ)が練習抜け出して、1人でメンバー紹介する場面が好き。
日本語が達者じゃないから、仲間と同じようには話せないんだけど、あのシーンは彼女の気持ちがストレートに出ていて微笑ましかった。それと彼女の思う評価が的を得ていて、意外にまともなんだなぁって(^^;

ピュアで頑張らない青春映画が心地よかった。今年の邦画今までのNO.1です。

2005年8月15日(月) テアトル梅田
リンダ リンダ リンダ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-08-20 23:36 | 映画レビュー
<< 映画のパンフレット アジア最終予選「日本vsイラン... >>