【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
「チャーリーとチョコレート工場」
原作も前作も知らずに見たのですが、こんなにブラックな作品とは思ってませんでした。ヒネタ子供たちと、大人になりきれない工場長ウォンカ(ジョニー・ディップ)との対決?は見もの。

家は貧乏でも、ひねる事無く、普通に育ったチャーリー。
彼の家の近くには、ウォンカのチョコレート工場があるが、そこで働く人を町の誰もが見たことがない!ある日、「チョコレート工場に5人の子供を招待する」と張り出され、世界中でチョコに入っている5枚のゴールデンカード争奪戦が始まった。
【チョコっとネタばれ】
a0031718_22313864.jpg

ティム・バートンらしい色使いの鮮やかさや小技の利かせ方は良いし、映画の完成度は文句無い。ただ、チャーリー(フレディ・ハイモア)が、残ることは分かりきってるので、最後にもう一つサプライズが欲しかった。一見奇抜で羽目を外してるように見えるけど、予定調和。それでも飽きさせずに見せるのはさすがなんだけど。

ウォンカの気持ちを代弁してるかのようなウンパ・ルンパたちのミュージカルシーンはどれも個性的で好きです。デタァ~って心の中で拍手してました(^^; 懲らしめられただけでは、簡単に性格は変わらない子供たち、喉元過ぎれば・・・ トラウマになってもおかしくないけど、ある意味現代っ子らしいリアルなところもあるなぁと思いました。

2005年9月23日(金) 伊丹TOHOプレックス
チャーリーとチョコレート工場@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-10-04 22:33 | 映画レビュー
<< お知らせ。 スプリンターズS 結果 >>