【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
「大停電の夜に」
クリスマス・イブの夜、東京が復旧の見通しのたたない大停電になった、
信号もつかず、各所で追突事故が多発。闇に乗じて犯罪激増、光のない街にパトカーの明かりとサイレンが鳴り響く「警視庁24時、クリスマス停電編」、ではありません(^^;

真っ暗な夜だからこそ、起こった12人の群像劇。それぞれの物語が、リンクしないと物語が進まないのは分かるけど、TVドラマ並みに世間狭いなぁ。

【ちょっとネタばれ】
a0031718_06527.jpg

私は閉所恐怖症なんです。こんなとこで告白してる場合じゃないんだけど(^^;
大学の頃、ヨーロッパに行った飛行機の窓側に座っている時、隣2人が完全に眠っていて、出るに出れない時、初めて自覚しました。気を紛らわすことができずに、そこから動けないと気づくとダメみたいです。その後、飲み屋のトイレの鍵が壊れて閉じ込められる事件などもあって、すっかり閉所恐怖症になってしまいました。今回のフランスの時も帰りはちょっとやばかった(^^;

なんでこんな事を書くかというと、エレベーターに閉じ込められた、井川遥と阿部力の落ち着きようが、私にとっては信じられない、冷静にメイクなおせるもんなんですか?! それ以外の人たちも、「今日も停電か。」てなかんじで、本当に現代なの?場慣れしすぎでしょ。基本設定として織り込まれてることだから、あえて書くことじゃないんだけど、もうちょっとドタバタエピソードがあった方が話もメリハリが出ると思うんですがね。

どうせなら、トヨエツのバーに全員集合するぐらいベタでも良かったのに(^^; もしくはそれを匂わすシーンがあるだけでも緊張感があっていいんじゃないだろうか。せっかく、音楽とロウソクの明かりは雰囲気を盛り上げてるのに、全般的に少し退屈だったんですよね。

保育園って、親が来ないからって停電なら子供置いて保母さんは帰ってしまうのか(^^; そりゃ、吉川サンタも焦るよなぁ。

役者は豪華だし、部分的には笑えるシーンもあったけど、中途半端なエピソードばかりでもったいなかったです。一晩じゃ無理か。私のような無粋な人間が観る作品ではなかったようです。

2005年12月3日(土) 梅田ピカデリー
大停電の夜に@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-12-05 00:30 | 映画レビュー
<< フランス旅日記⑬ ~ルーヴル美... 念願、宿願、悲願の優勝! >>