【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
「ブレイキング・ニュース」
香港映画というと、最近は「インファナル・アフェア」シリーズ、過去に遡るとジャッキー・チェン作品ぐらいしか見た記憶がないのですが、冒頭の長回しの銃撃戦が凄いという話を聞いて行ってきました。

映像テクニック的なものはあまり気にして観てないので、これ事前に知らなかったら気づかなかったかも(^^; それよりも強盗団が隠れてないのに1人しか重傷がいなかった方が気になって仕方なかったよ~

【ネタバレです】
a0031718_23411898.jpg

威信回復のために犯人逮捕をショー仕立てにしようとした警察とユアン(リッチー・レン)率いる強盗団の駆け引きは見応えありました。ちょっとづつ強盗団の方が上手なんですよね。怪我をして動けない仲間を殺して逃亡するぐらいやから、二手に分かれた2人の居場所を警察にばらして、切り捨てて脱出するぐらいのことはやるんじゃないかと思ってたんだけど、ユアンがニヤッて笑えば笑うほど憎めないやつになっていきました(^^;

料理を作るシーンは出色の出来ですね。あそこだけ違う作品かと思うぐらい、色使いが鮮やかだった。それに何、あの包丁の扱いの上手さはホレボレしますよ(^^; 殺し屋チュン(ユウ・ヨン)との友情もこれで生まれるのも違和感なかった。本当はかなり不自然なんやけどね~

ケリー・チャンは「踊る大捜査線 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の女性キャリア役の真矢みきを思い出した。いつも怒ってばっかりでキャリアであるところを見せようとするのは分かるけど、あれならケリー・チャンにあの役をやらせた意味がないなぁって思いました。

ラスト、ユアンが殺し屋の標的を狙い、ユアンが銀行強盗するシーンはエレベーターの中での伏線があるにはあるけど、狙いすぎじゃないかと思います。

2006年1月13日(金) 梅田ガーデンシネマ
ブレイキング・ニュース@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-01-21 23:42 | 映画レビュー
<< フランス旅日記⑱ ~帰国~ 日本インターネット映画大賞 >>