【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
「ブルース・オールマイティ」
過去の鑑賞作品です。

ジム・キャリーはコメディもヒューマンストーリーもどちらも好きなんで期待してました。1週間だけ神様になれたらというお話。なんだか、のび太=ジム・キャリーとドラえもん=モーガン・フリーマンのように思える。コメディは当たり外れあるけど、彼のキャラが好きな人なら平均点以上だと思います。

【ネタバレです】

ブルースがせっかく神様になってもやることは庶民感覚!渋滞の時に車を空けさせたり、けんかに負けた相手に仕返ししたり、彼女の胸を大きくしたり。このセコさにはなんだか共感できるんですよね。私ならドアに開けるのも力使いそうだし(^^;
しかも、自分勝手に神の力を使ったせいで町は大混乱。本当にドラえもんみたいな話やがな。

さすがの自己中男も自暴自棄になったとこで、車に轢かれ、天国の一歩手前までやってくる。そこでやっと人を思いやる気持ちが芽生えたのか「彼女さえ幸せになってくれればそれでいい。」と改心の仕方が極端なのもお約束どおり♪ 

ジム・キャリーといえば、顔芸やけど、今回は思ったより控えめなのも良かったですよ。

2003年12月30日(火)OSシネフェニックス
ブルース・オールマイティ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-01-26 00:20 | 映画レビュー
<< 「バッド・ボーイズ2バッド」 フランス旅日記 本編終了&リンク >>