【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「白夜行」
唯一、観ていたのがこのドラマ。
初回、2時間スペシャルの圧倒的な不幸さかげんに目が離せなくなりました。

ドラマが終わったら、原作読もうと思っていたのですが友人に借りることができ、最終回までには読破。本は電車の中でしか読まないのだけど、出張で移動時間が長かったのもあって、5日ほどで読み終えました。続きが気になって仕方ないくらい面白かったよ~

ドラマは物語をすっきりさせるために登場人物が削られてはいるものの、原作で描写がなかった部分を補完するような役割になっていて、二つで一つのような関係です。具体的に言えば、原作では桐原亮司と唐沢雪穂は、最後の最後まで出会うことはなく、2人が事件を起こしてる場面は出てきません。ドラマではそういう訳にもいかないので、事件を起こしてる場面が中心になってるんですよ。

ドラマの最終回は、見どころを作る意味でも、笹垣潤三と桐原亮司のラストバトルがあったし、桐原亮司の死後の唐沢雪穂の姿まで描かれてました。原作のイメージなら、生きる屍のようになる唐沢雪穂は違う気しましたが、ちょっとぐらい弱いとこあってもいいのかな(^^;

ドラマしか見てない人は原作を、原作しか読んでない人はドラマを見れば「白夜行」ワールドが広がると思います。東野圭吾の作品は初めて読んだのですが、事件を起こす場面を描かずに物語を引っ張る力には素晴らしいですね。少しづつ、彼の本を読んでいきたいと思いました。
[PR]
by borderline-kanu | 2006-03-24 20:19 | 雑記
<< 「SPIRIT」 千手観音とプチオフ会 >>