【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
「ブロークバック・マウンテン」
アカデミー賞を作品賞を取れなかったことで逆にこの映画の評価が高まったような気がします。当初はまったく観る気がなく、スルーの予定でしたが、ミーハーなのとヨメさんが異常に興味をしめしたのもあって一緒に鑑賞してきました(^^;

二つ隣の席に男二人組で観に来てる人たちがいたのですが、普通に話してるだけなのに どうしても色眼鏡で見てしまう(^^; カミングアウトする気がないなら、一人で観たほうが無難。もし知り合いに会いでもしたら、ばつがわるくなること受け合いですよ!

ブロークバックの雄大な自然や役者の演技に文句の付け所はないのですが、生理的には合わない作品でした。公式サイト等でも、ゲイを題材にしてはいても「普遍の愛」を描く人間ドラマなどと紹介されてます。言ってることも内容も理解はできますが、「世界の中心で、愛をさけぶ」、「黄泉がえり」、「私の頭の中の消しゴム」など意識的に避けてきた私には、純愛ものだというのが致命的だった。それに輪をかけて男同士の痴話げんかにはゲンナリでした。

【ネタバレです】
a0031718_22483572.jpg

ジャック(ジェイク・ギレンホール)が髭を剃りながら、車のサイドミラーでイニス(ヒース・レジャー)を見る目はやばくなかった?! 元々はストレートな2人だと思ってたんだけど、このシーンや終始、積極的なジャックを見ていると最初からゲイだったんでしょう。妻のラリーン(アン・ハザウェイ)がジャックの死を語るシーンも悲しみより、サバサバした感があったのは、ゲイだと知ってたからだと思った。

それに引き換えイニスは、ジャックとの関係以外は頑なまで、封建的な時代そのままで自分を変えることをしようとしない。だが、ジャックが死んだ後、彼への思いは残しながらも、心の枷が外れたように見えた。ジャックのシャツと自分のシャツを重ねてタンスにしまうラストは、これまでの思い出を封印するかのように思える。

男同士で初めてやる時、自分がどっちかは、とても重要やと思うのですが、あっさり位置が決まったのに違和感あったなぁ。ジェイクはあれでよかったのか?それともあの後、攻守入れ替えて・・・、想像したくねぇ(^^;

2006年3月20日(月) ナビオTOHOプレックス
ブロークバック・マウンテン@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-03-31 00:19 | 映画レビュー
<< 「日本vsエクアドル」 200... 「SPIRIT」 >>