【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
「日本vsブルガリア」 2006.05.09.
日本、ロスタイムに失点 ブルガリアに惜敗

疲れと共に長居から帰ってきました。
何なんですかね、今日の試合の意義は?欧州組はいない、鹿島、浦和の選手は先発させない。控え選手のガス抜き程度に考えているんでしょうか。それなら、この試合に出ることさえできない、茂庭や駒野の気持ちはどうなるんだ。

個人的にはガンバ勢3名がスタメンということで、その辺りを中心に観戦してきました。

前回怪我で辞退した試合で、ジーコが遠藤がいないから3バックとなったと言っていた気もしますが、3バックのトップ下で先発、後半小野が入ってからは本来のボランチと90分出場。代えないところをみるとジーコの信頼は意外と厚いのかもしれませんね。

代表では初めてのトップ下でしたが、スペースを狙ったスルーパス、たびたびFWを追い越してのゴール前へ進出、ボランチの2人ともポジションチェンジとなかなか良かったとは思うけど、試合をコントロールするダイナミックさはなかった。点が入っていたら違うように見えたかもしれないですけどね。惜しかったのが、確か3回あった右CK。遠藤のキックは正確で中澤や巻へ届くんだけど、シュートがぶれてしまった。

宮本はガンバサポですが、何故代表スタメンか理解できない。
トルシエ時代は、フラットスリーの申し子的存在であったのは、確かだけど今はキャプテンシーと英語が話せることぐらいじゃないでしょうか。今日の1点目の失点はDFの数が揃っていたのに、あっけなくやられてしまいました。宮本のポジションニングは、中澤が交わされたり、シュートを打たれたりした場合のカバーとスルーを出された時の対処と難しかったかもしれませんが、もっと前へ行って欲しかった。ズルズルと下がって、時間稼いでも、あれじゃ意味ない。
川口を含めバックラインはほぼ当確組、集中力ないとしか思えませんでした。
この1点目で長居はしらけムードが一気に漂いましたからね(^^;

個人的にはこれで、アピールしたい攻撃陣が発奮してくれると思ったんですが、シュートの不正確さはどうしようもないですね。
玉田は体調も良さそうで、中盤まで下がってのドリブルからシュートには切れがありました。しかし点を入れられないだけでなく、中盤に下がってるにも関わらず、『何でそんなに簡単にボール取られるの!』というシーンが数度あって、そこからのカウンターを食らったりしてるので、危ういイメージの方が大きかった。

巻はごっちゃんゴールながら、試合に出ると最近、確実に点入れますよね。背が高いだけでなく、運動量あって守備もちゃんとしながら、飛び出しもうまいので、誰とでも合わせられるから、ぜひ入れて欲しい選手です。

佐藤は残りわずかの出場ながら、持ち味は出したと思う。しかし、2回あったロングボールから抜け出すシーンでのファーストトラップが、難しいのはわかってるけど雑。ここは一流ストライカーになれるかの壁なんだろうなと思います。ただ巻とのコンビが一番良いと思うけど、その巻との交代は痛かったかも。

それと加地は村井、サントスと左がかりになるので、バランスとってたなという印象。小野が出てきてから、少し右も生きてきた。

小野が入ったことで、がらっとリズムが変わったけど、特に代表では1試合通じて輝いていることが少ないなぁって思う。何気に小笠原と遠藤と小野はU-19で準優勝したメンバーなんすよね。あっ加地もか(^^; そう考えるとあんまり変わってないんよね。

試合後、選手がスタンドのサポに挨拶に行くとき、みんな温かいなぁって思う。拍手と黄色い声ばかり。一人で地味にブーイングしてる私は浮いてました(^^;
[PR]
by borderline-kanu | 2006-05-10 00:33 | サッカー
<< 「RENT/レント」 帰国しました。 >>