【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
「ブロークン・フラワーズ」
今回は「ブロークン・フラワーズ」の感想ではなく、「ブロークン・フラワーズ」が上映していた劇場に、私がいたという記録です。

多くの人の高評価に期待に胸を膨らませて観に行ってきました。

本当はこの作品の後に食事して、「陽気なギャングが地球を回す」を観賞する予定だった。それが早めに行ったことで、先に「陽気なギャングが地球を回す」を観れちゃったんですよ。私としては、食事したら眠くなるので、後でテンポが良い作品を観たかったんだけど、予告編からしてほとんど同じなので、目を瞑ったら意識なくなりました・・・ 

決して「ブロークン・フラワーズ」が面白くなかった訳ではないんです、多分・・・
予告編から寝てたんですから!ただ、眠い時にあの焦らすようなテンポは辛かった。なんとか、オープニングには目を覚ましたのですが、そこから度々意識不明に。

それでもピンクの手紙が届いて、息子探しの旅にでたこと。
シャロン・ストーンに会いに行ったら、娘がオールヌードで出てきたこと。
ここでちょっと目が冴えました(^^;
不動産屋夫妻と食事をしたり、医者と会ったりしたところは、飛び飛びで覚えているんですが、ラストはどんな終わりか全くわかりせん!目が開いた瞬間に暗転して、エンドロールが流れ出しました。仕方ないので、そのまま目を閉じました。

今まで映画館で寝ること事態ほとんどなくて、意識が飛んでも一瞬だったんですよ。でも今回は、2時間弱のうち、間違いなく1時間は寝てました(^^; ということで、今回は判定不能なので★はつけません。リベンジしないといけないけど、映画館では無理かな(^^;

追記
リベンジするのあきらめました(^^; ★1つで。

2006年5月12日(土) シネ・リーブル梅田
[PR]
by borderline-kanu | 2006-05-14 23:22 | 映画レビュー
<< いよいよ代表決定 「陽気なギャングが地球を回す」 >>