【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
CL決勝 「バルセロナvsアーセナル」 2006.05.18.
バルサ、アーセナル降し欧州制覇 CL決勝

バルセロナ相手に10人になった瞬間、もうダメだと思ったけど、意地を見せてくれました。ただ、いい試合だったからなお更、悔しいですね。鉄壁の守備の象徴でもあったレーマンが退場した時点で、運が逃げたのかもしれない。交代で入ったGKアルムニアも頑張っていたものの、2点とも、止めれなくとも弾くことはできたボールだったと思う。

前半最初は、アーセナルが押してるぐらいで、これは面白い試合になりそうと思ったのですが、あの退場劇はなんとも惜しい。止めなければ1点取られてただろうから、退場がなくても苦戦したのは間違いないし、それが、アーセナルの結束力を強めたとも言えるとも思います。しかし、せっかくの決勝、やはり11人対11人での試合を見たかったです。

キャンベルは図抜けて高い打点のヘッドでした。怪我から復帰してきて、不安もあったけど大舞台で魅せてくれました。アンリもピンポイントのFKでしたね。前半最後の怒涛の攻撃をかわし切ったことで、断然面白くなってきました。

後半は、少ないチャンスにリュングベリやアンリのサイドを突破してのシュートが熱くさせたけれども、そんなに上手く点は入らない(^^; 逆に疲れきたアーセナルにラーション、ベレッチと交代した選手が点に絡む、采配と選手層の厚さは、優勝に相応しいチームやったですね。試合後の魂が抜け落ちたようなアーセナルの選手と、達成感で目が輝いてるバルサの選手のコントラストが印象的でした。

Wカップの代表が次々と決まってる中、ピレス(アーセナル)、ジュリ、(バルサ)が代表落ち。この2人が見返すぐらいの活躍をするんじゃないかと、注目してました。2人とも先発で、ジュリは度々右サイドからスルスルと上がってきてゴールをおどろかし、ピレスもアンリとのコンビネーションで攻撃のアクセントになっていた。レーマンの退場で、交代になったピレスは気の毒だったけどね。

そして、実はもう一人代表落ちした選手がカフー、シシーニョの壁に阻まれた、バルサの右DFのベレッチ(ブラジル)。攻撃力を生かし、交代出場してすぐ、ラーションとのワンツーでゴール前、角度のない所からゴール!やっぱり代表落ち組の執念は恐ろしい。そういえば、バルサの1点目もWカップ予選落ちした南アフリカのエトーだもんなぁ。

もうすぐWカップ、結果を出すこともだけど、完全燃焼したと思える試合を見せて欲しい。
[PR]
by borderline-kanu | 2006-05-18 23:52 | サッカー
<< 「ナイロビの蜂」 いよいよ代表決定 >>