【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「日本vsドイツ」 2006.05.30.
日本、開催国ドイツと引き分け 高原2得点

ドイツに行っても、選手同士の意見交換は活発なようですが、今頃守備をするときの約束事を決めようとしてるなんて本当に大丈夫かって思う。監督が何かしら指示を与えたら済むと思うのですが、ここまできたら自由じゃなく監督が怠惰なだけじゃないの。それとも監督としての考えがないかのどちらかでしょう。そんな不安を抱きながらのドイツ戦でしたが、良い試合でした(^^;

合宿を通じて、コミュニケーションアップの効果か攻守のバランスが良くなってきたと思う。具体的にはボールに対しての執着心。ドイツ相手に攻め込まれるシーンも多かったけど、セカンドボール思ったより取れてたんじゃないでしょうか。ここぞという時のプレスからボール奪取など、最近の試合の中では、日本らしさが出てましたね。

高原が落ち着いていたのが、印象的でした!
1点目は相手コーナーキックからのカウンター。俊輔が中盤で2人ほどかわして、柳沢→高原。抜け出したときは、外すんちゃうかって気持ちのほうが大きかったけど、正面からのVTR見るとシュート打つ前にしっかりキーパーを見て蹴ってるんですよ。思わずガッツポーズでした(^^)

2点目は遅攻から。中田が右サイドでボールキープからいったん戻して、駒野へ。普通にセンタリングを上げるかと思ったら、ニアにいた高原へグランダーのパス。ドイツ選手はゴール前に多数いたけど、高原が反転しながら2人抜き、そのままゴール左隅にシュート!ここでもやっぱり高原、心憎いほど落ち着いていていたのが嬉しいです!それと同じぐらい、ラストパスをグラウンダーで出した駒野の好判断やと思います。

それ以外にも点は入らなかったけどカウンター気味の攻撃がいい感じでしたよね。強豪相手のWカップでは、今日のような攻撃ができるのは強みになるはず。あとは大黒が2回のチャンスで決めてくれれば・・・

守備も流れの中から失点しなかったのは評価できるけど、後半のあの時間帯にセットプレーから2点は厳しいですね。1点目は宮本完全に潰されてるし、背が高い相手には宮本厳しいよ、やっぱり。2点目は後ろから日本の選手の間に入り込まれた。マルタ戦と練習でどこまで修正できるか、するしかない!それと駒野は収穫だったけど、加地は心配やなぁ。

あとはやはり、2-0にしたんだから勝って欲しかった。
この時期にドイツに勝てば大きな自信につながるのは間違いないですもんね、悔しい~
[PR]
by borderline-kanu | 2006-05-31 21:34 | 2006ドイツWカップ
<< 「GOAL! 」 「ぼくを葬る」 >>