【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
「日本vsマルタ」 2006.06.04.
Wカップ前、対外ではこれが最終試合。スタメンは怪我の3人に代わって、右ウイングバックで駒野、FWは玉田と大黒。

前半2分あっけなく、玉田のゴールで先制。これはゴールショーが見れるかと思ったが前半はこの1点だけ。大黒の飛び出しは相変わらずいいし、シュートを打ってるけども点には結びつかなかった。玉田も大黒もポストプレーヤーじゃないので、うまくボールが収まらないというのもあった。前半最後のマルタの攻撃にはヒヤッとした。直接FK、CKと連続してのセットプレーは、でかいだけにドイツ戦の失点が頭によぎったがゼロに抑え、前半1-0で終了。

後半は坪井を下げて、小野投入。
マルタが1トップということもあったのか、後半頭からシステムも4-4-2へ変更。その後も度々の選手交代で巻が1トップの4-5-1へ。中盤が厚くなってパスの繋がりはスムーズなものの、効果的な縦への1本が出ない。中田はパスが強すぎて、受け手が取りきれないシーンが続出。ちょっと噛み合ってない感じ。でも狙いは良いのはわかるし、あれが通ればというところですが、今日は不発。結局1-0のまま終了。

ドイツ戦の修正ができるかの確認をするには、もう少し骨のある相手のほうが良かったんじゃなかろうかと思っていたが、ヨーロッパで揉まれてるだけあって思ってたより手強かった。ただボールは日本が支配してるので、これではあまり本番の参考にはなりそうにない。それでも得点力不足は相変わらずですね。ここまできたら焦っても仕方ないので、残り1週間で体調を整えてもらうしかない。
[PR]
by borderline-kanu | 2006-06-05 00:02 | 2006ドイツWカップ
<< 「嫌われ松子の一生」 安田記念 予想&結果 >>