【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
もうすぐ開幕!
2002年は梅雨の開催で高温多湿、開催国以外は不利な面もあったけれども、2006年は試合をする環境はベスト。そう考えると、強い国が順当にと考えがちだけど、一部の強豪を除けば、年々格差は小さくなってると思う。怪我人の有無を含めコンディションを上手く調整できたチームであれば、グループリーグ突破できる力はあると思うので、非常に楽しみですよね。

【期待する国】
日本以外では、アルゼンチン、チェコ、アフリカの国々。

アルゼンチンは前回、優勝候補の評価で、死のグループに入りグループリーグ敗退。同じ轍は踏まない気持ちで来るだろう。それに戦力的には十分優勝を狙えるはずなのに、あまり評価されてないのも逆に気楽に戦えそう。豪華FW陣とリケルメ、アイマールの華麗な攻撃は、ブラジルにも見劣らない。

チェコはちょっと平均年齢高いけど、ネドベド、ポボルスキーのベテランとアーセナルへ移籍が決まったロシツキー、バロッシュに期待したい。

アフリカは、ありえない身体能力を生かしたサッカーは、絶対に日本ではできないところに、魅力を感じます。常連国が出てないのは残念だけど、どんなサッカーをするか楽しみ。特にコートジボワール。

【グループリーグ予想】 
A組 ドイツ、ポーランド
B組 イングランド、スウェーデン
C組 アルゼンチン、コートジボワール
D組 ポルトガル、メキシコ
E組 チェコ、アメリカ
F組 ブラジル、日本
G組 フランス、韓国
H組 スペイン、チェニジア
(前が1位、後ろが2位)

オランダには前回出れなかったことで、期待はしたいけど、オーストラリアとの強化試合で怪我人続出したのは、運がない。紙一重の差のC組ではそれが命取りになるのでは。

E組はC組よりも厳しいと思ってます。イタリアは国内が八百長事件でwカップどころでなさそうなのと、トッティの怪我も心配なので。アメリカは有名選手はいなくても監督は長年やっていて戦術は徹底されてるので突破する可能性十分。

H組のウクライナはシェフチェンコの怪我がすべて。

アジアから4国が出てるけど、次回のアジア枠を考えれば、最低でも日本と韓国がグループリーグ突破しないと、減らされる可能性もあるだろう。アジアの戦いぶりも大注目です。
[PR]
by borderline-kanu | 2006-06-10 00:07 | 2006ドイツWカップ
<< A組「ドイツVSコスタリカ」 ... 「嫌われ松子の一生」 >>