【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
A組「ドイツVSコスタリカ」 2006.06.09.
地元ドイツ、コスタリカ降し白星発進

オープニングから点の取り合い。面白いゲームを見せてもらいました!
最終的にはドイツの貫録勝ちといったところですが、コスタリカの少ないチャンスからの2発は、強豪相手のカウンターの有効性をあらためて示したと思います。

バラックがベンチスタート。
2002年の開幕戦、ジダンが欠場したフランスがセネガルに負けた試合が頭をよぎる。
それでなくても地元開催の開幕戦、点が入らないとプレッシャーが厳しくなるところだったが、バラックがいないことを感じさせないほど、ドイツの攻撃は生き生きしてました。

ドイツは終始、ペナルティエリア外からのミドルシュートを打っていたが、その力強さと正確なシュートにはため息がでますよ。相手に当たられても、ふかすこともなく、抑えたいいシュートばかり。日本代表との違いは何だろう(^^; 
5バックに近いコスタリカに両サイドが積極的に上がって、ドイツの1点目が、なんと左サイドバックのラーム。狙いすましたように、ポストを叩くゴールが決まる。早めに点が取りたかったドイツは、これでより動きが軽くなるが、そこに落とし穴が。

ドイツはDFラインをかなり高めにしていたが、一瞬の速さのあるワンチョペにオフサイド、ギリギリで抜け出してのシュートで同点。後半のコスタリカ2点目も同じようにDFラインの隙を見逃さず裏に抜けたワンチョペのゴール。ほとんどチャンスがない中、自分たちの形をしっかり持っているチームは、こういう時に恐いですよね。

バラックがいなくても攻撃陣は機能していたが、これで彼が入ったドイツがどう変わるかも楽しみ。それに比べて、DF陣はまだまだ。比較的楽な組み合わせなので、戦いながら後2試合のグループリーグでどう修正していくかが、注目ですね。

ドイツ 4-2 コスタリカ 

2006 ドイツWカップ 観戦記
[PR]
by borderline-kanu | 2006-06-10 03:20 | 2006ドイツWカップ
<< B組「イングランドvsパラグア... もうすぐ開幕! >>