【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
「アルゼンチンvsメキシコ」 2006.06.25.
アルゼンチン8強入り メキシコとの激戦制す

イングランド戦をライブ観戦したため録画。朝起きても運良く結果を知ることなく、観戦開始!

開始早々、意外にもと言っては失礼だが、メキシコがセカンドボールをことごとく拾いながら、アルゼンチンサイドでゲームを支配する。こういう場合、ちょっとしたミスをカウンターでやられるんじゃないかと思ってたのですが、これまた意外にも、メキシコが先制!

FKからニアでヘッドでボールを流し、後ろから走りこんだマルケスのスライディングシュートが見事に決まる。マルケスの親指を口に入れるパフォーマンスは何かあるんでしょうかね(^^; 親に捧げるとか?

これで断然面白くなったと思ったら、すぐアルゼンチンが追いつく。CKからクレスポ目掛けてきたボールを、メキシコFWボルヘッティが、得意のヘディングで自軍へ流し込みオウンゴール。(公式にはクレスポのゴールらしい) 10分ですでに1-1、これから派手な打ち合いを期待したが、お互い攻めながら得点できず、前半終了。

こうなったら、ベンチワークの勝負になるところだが、メキシコは選手のアクシデントなどで2人を交代することになり、後半29分には3人目のカードを切ってしまう。その後すぐ、アルゼンチンはテベスとアイマールを同時に投入。さらにメッシも。

ボランチが1人減って、リケルメとアイマールが同時にピッチにたつ。興味深々で見てたんだけど、アイマールが遠慮してるようにみえた。両雄並び立たずといったところか。テベス、メッシと早い選手が入って、かき回すも後半も無得点。

結局、延長前半に左、右、左と大きくサイドチェンジしたボールがペナルティエリアのわずか外にいるマキシ・ロドリゲスへ。胸でトラップしダイレクトでシュート。これがゴール左へ突き刺さり決勝点。

メキシコはスタミナ豊富で最後まで諦めずパスをつなげながらゴールへ迫っていった。この試合に関しては、メキシコが勝っても何も不思議のないほど互角の戦いだった。これでベスト8でドイツとアルゼンチンが戦うことになった、いまから楽しみだ。

アルゼンチン 2-1 メキシコ
[PR]
by borderline-kanu | 2006-06-25 23:40 | 2006ドイツWカップ
<< 「イングランドvsエクアドル」... 「ドイツvsスウェーデン」 2... >>