【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
「ブラジルvsガーナ」 2006.06.27.
私の準優勝候補のチェコを破ったガーナには複雑な心境なんだけど、身体能力+組織的な攻撃には魅力を感じる。決勝トーナメントに入って、いよいよ本気のブラジルとどう渡り合うかが注目でした。

やっぱり日本戦はロナウドのリハビリゲームやったんやと実感(^^;
ガーナのバックラインがあんなに高いとは、ロナウドが1点とって初めて知った!ブラジルに勝つためにコンパクトにして出来るだけ前でボールを奪うというのはわかるけど、リスクは非常に高い。その間隙を縫ってカカから絶妙のタイミングでロナウドへのスルーがとおり、落ち着いてゴール。

ブラジルは開始5分に先制したこともあって、相手にボールを持たせながら機をみてカウンターという形。ブラジルの中央のボランチを含めた守備は堅固で手強いのだが、ガーナの攻撃も鋭く、パス交換でその中央を破ったりと、徐々にガーナペースに。

このまま終了かというロスタイム、またまたブラジルのカウンター発動。右サイドからのクロスを走りこんだアドリアーノがきっちり決める。その前にカウンターで抜け出したもののシュミレーションを取られていたのをきっちりお返し。ブラジルはカウンターになった時、必ず相手DFと同数以上がゴール前に殺到するのはさすがだと思った。

ガーナFWのギャンがゴール前で倒れた時にラインの白い粉を浴びて、顔の半分が真っ白に!思わず白人になったと思ったが、ヨメさんはカレーライスみたいって言ってました(^^;

後半、たびたびブラジルゴールに迫っていたギャンが2枚目のイエローで退場。3点目も入れられたが、高いラインを保ちながら、攻め続ける姿がこの試合を最後まで引き締めたと思う。

公式にはどうかは分かりませんが、MOMはジーダ。得点結果だけ見たらブラジルの余裕勝ちだけど、何度、彼のファインセーブに救われたか。それだけガーナに1点が入っていたら、どう転んだか分からない試合になったと思います。

これで欧州と南米のチームだけになってしまいました。
「スペインvsフランス」地上波ではやらないんや~

ブラジル 3-0 ガーナ
[PR]
by borderline-kanu | 2006-06-28 01:59 | 2006ドイツWカップ
<< ベスト8決定! 「イングランドvsエクアドル」... >>