【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
「ドイツvsアルゼンチン」 2006.06.30.
ドイツ4強進出 アルゼンチンとの死闘制す

攻撃的に打ち勝ってきたチーム同士の対戦。アルゼンチンとしては、ここで開催国と当たりたくはなかっただろうが、決勝で当たるよりはマシと思うしかないだろう。ドイツはWカップ前までは、気にもしてなかったけど、グループリーグ、トーナメント1回戦と戦うたびに魅力的なチームになってきた。私としては、ベスト8でどちらかのチームが脱落することは惜しくて仕方ないが、熱い戦いを期待してました。

前半0-0で終了、しかし画面から目が離せない。どちらも中盤での激しい攻防は見ごたえあって、あっという間に時間が過ぎてしまう。アルゼンチンはいつものようにソリンが高い位置で攻撃に参加するもペナルティーエリア内では決定的なシーンを作り出せなかった。ドイツは高い、184cmのクレスポが小さく見えたもんなぁ。

後半、すぐCKから後ろから飛び込んできたアジャラが派手なヘディングでアルゼンチン先制!この1点を境にして、より激しいボールの奪い合いから縦に早い攻めの応酬となった。

アルゼンチンはGKが負傷したため、ここで交代を1つ使わないといけないのは痛かった。残り15分でドイツ相手に守りきるというメッセージを込めたリケルメからカンビアッソへの交代。直後にドイツDFパスミスに乗じて、テベスから絶好のパスがロドリゲスへ通るが、シュートは決まらない!ここで決めればアルゼンチンの思う壺だったが、それでもよりカウンターを志向する交代。クレスポからもっと背の高いクルス投入、これで3人目。
これでなんとか逃げ切ってくれと思っていたが、そんなに甘くなかった。
さすがゲルマン魂というべきか、セットプレーから最後はクローゼ得意のヘッドでゴールが決まる。そしてすかさず、ドイツも3人目ノイビルを入れて、90分内勝利を目指したが、1-1のまま後半終了。

延長は、バラックが足を負傷していたが、交代枠を使い切っていたため、実質ドイツは10人で戦うことに。それでも最後まで戦い抜きPK戦へ。アルゼンチンGKは途中交代のフランコ、しかも開催国相手のブーイングの嵐のなかのPK戦はさすがに厳しかった。アジャラとカンビアッソが外し、4-2でドイツの勝利。PK戦前にレーマンと話をするカーンは印象的だった。

アルゼンチンは2つの顔を見せた。リケルメ中心のポゼッションサッカーと彼がいない速攻。展開によってどちらも使い分けれるアルゼンチンの奥の深さを実感した試合だったが、負けてしまえば意味をなさなくなってしまうのは非情なものだ。サビオラ、メッシ、アイマールを使わずに敗退したのは、戦術的なものだがもったいない気がした。

ドイツは交代選手がチャンスを作った。サイド攻撃ができてなかったなか、スピードのあるオドンコーが入り右からの攻撃が 活性化された。これからも彼は交代の切り札になりそう。そして、レーマン、2本止めた上に、ほかのシュートも読みどおりだった。バラックの負傷と、クローゼも足を引きずっていたので、次戦への不安もあるが、この勢いは本物ではないか。

ドイツ 1-1 アルゼンチン PK 4-2
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-01 03:01 | 2006ドイツWカップ
<< 「イタリアvsウクライナ」 2... 昔バトン >>