【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「日本vsトリニダード・トバゴ」 2006.08.09.
オシムジャパン、三都主の2得点で初陣飾る

オシム監督になっての代表初戦。

ジーコ時代ならB代表といっていいメンバーがずらり。システムどころかスタメンも何通りも考えられるなか、オシムがどんなサッカーをするのかが注目の的でした。相手のレベルが低いことは、さし置いても、U-21戦に続いて、上々のスタートだと思います!

合宿時から、頭を使うと普段とは違う練習に戸惑ってる選手たちであったが、ワンタッチ、ツータッチで前へ前へとゴールを目指す姿は、新鮮だった。ボールを持っていない選手も、しっかりボールをもらいに行く動きができていた。後半はだいぶ疲れもあったが、考えて走るサッカーの一端は見せてくれたのではないだろうか。

サントス復活。
何故、Jリーグ得点王になった男を守備的な位置で使うのかと、ずっと言い続けてきましたが、今日は彼の持ち味が存分に生かされたと思う。特に2点目は、ジーコ時代には見たことがない。FWを追い越して、しかも中央から走りこんでシュートするとは、思いもよりませんでした。

海外組、ジェフ、ガンバ、アントラーズからは選ばれてないこともあり、レッズ+アテネ組中心の布陣を組んだことも、練習時間が少ないことを考えれば、最良の選択だった。オシム監督は、「就任前に決められた試合、やりたくない。」と言っていましたが、ほとんど代表経験がない選手たちにとっては、貴重な試合になりましたね。

日本 2-0 トリニダード・トバゴ
[PR]
by borderline-kanu | 2006-08-10 00:15 | サッカー
<< 「サンダーパンツ!」 「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」 >>