【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
「ユナイテッド93」
世界的なテロ事件ではあっても、当事者ではない日本では「喉もと過ぎれば、熱さ忘れる。」程度の関心(私も含めて)じゃないかと思っていましたが、地味なOS劇場にもかかわらず、ほぼ満席。言い方は悪いかもしれないが、イギリスの航空機爆破テロ未遂が起こった直後の映画公開というのは、絶大な宣伝効果だったと思う。

9.11のテロ事件、ハイジャックされた4機の航空機のなかで、唯一、目標に到達することなく墜落したユナイテッド航空93便の物語。綿密なリサーチをしてるだけあって、機内での様子は緊迫感溢れるドキメンタリーのような雰囲気だが、あくまでも推測の域は出ていない。それでも結果を知ってるだけあって、乗客や乗員の気持ちの揺れが痛々しかった。

93便に関して、諸説出てるとのことですが、どれぐらい事実に近いのかというのは別としても、観て損はない作品だと思います。

【ネタバレです】


「罪を憎んで人を憎まず。」ではないが、あくまでも事実(であろうこと)を淡々と映し出してるのは好感がもてる。犯行前にコーランを唱えるシーン、ハイジャックを躊躇するシーン、映画やTVドラマで見るような自信満々の犯行でないところに、リアリティを感じました。電話をかける乗客を見過ごすのも、普通なら(携帯を回収したり、電話した人を殺したり)ありえないとは思うけど、犯人も恐怖があったと思った。


最初、乗客たちは爆破テロとは気付かない。ハイジャックへの恐怖はあっても、爆弾を爆破することは犯人たちも死ぬと思うから絶望してるわけではない。

しかし、パイロット2人の死、家族との電話で今NYで何が起こってるかを聞いたことで、自分たちの運命を悟ってしまう。この時の気持ちはとても想像できるものではないが、「I love you.」という言葉に死への覚悟が伝わってきました。それを受ける家族も何もできない辛さがあったことだろう。

死を覚悟したからこそ、一縷の望みにかけた乗客たちの逆襲。決してテロを阻止しようとしたのではなく、自分たちが生き残るための行動だったと思いました。普通のパニック・アクションだったら、操縦桿を奪い返したときに、飛行機は落ちないはずなんだけど、「もう上昇しない。」という言葉に、私も肩の力が抜けてしまい、現実引き戻された。結果は分かってるにも関わらず、入れ込んで見ている自分に気付きました。

飛行機操縦役の犯人の眉毛つながりとパックリと割れたアゴが、最後まで気になった(^^;

2006年8月12日(土) OS劇場
ユナイテッド93@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-08-15 13:54 | 映画レビュー
<< ニュースの影響 「サンダーパンツ!」 >>