【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
「コンフェッション」
過去の鑑賞作を掲載してます。

ジョージ・クルーニーの監督デビュー作。そして脚本はチャーリー・カウフマン!

1960年代、アメリカ。テレビ業界での成功を夢見るチャックは、色々な番組企画を発案してテレビ局に売り込んだ。しかし、いずれも採用されることはなく、やさしい恋人ペニーに慰められる日々が続く。自信満々で持ち込んだ視聴者参加型テレビショーの企画も結局は日の目を見ずに終わる。失意のあまり、バーに入り浸るチャック。ところがそんな時、彼の前に謎の男ジムが現われる。ジムはチャックに近づくと、高い報酬と引き換えにある仕事を持ちかける。それはCIA工作員となり合衆国にとって邪魔な人物を抹殺するというものだった…。 Yahoo!ムービーより

アメリカテレビ業界の伝説的プロデューサー、チャック・バリスの自伝を基にした映画という触れ込みですが、内容よりも「ほんまに実話か?」というのが1番気になる(^^;

【ネタバレです】


CIAの工作員だったのは本当かもしれんけど、人は殺してないとかが真実のような気がするなぁ。33人も殺していたら、捕虜交換されずに殺されていても不思議じゃないし、捕虜交換の相手がデート・ショウの出演者というのも、ありえなさそう。

パトリシア(ジュリア・ロバーツ)が裏切り者と判っていたとしたら、あんな回りくどい殺し方はしそうにない。自分の命落とすかもしれないのに、そんな余裕はないでしょう。このへんはチャーリー・カウフマンの脚本の見せ所なんかもしれませんが。

出演者は豪華だし話も面白いけど、なんか上手く収め過ぎた気がします。

2003年8月31日(日) CINEMA大門
[PR]
by borderline-kanu | 2006-09-28 00:55 | 映画レビュー
<< 「イルマーレ」 「ガンバ大阪vs川崎フロンター... >>