【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「イルマーレ」
オリジナルは韓国映画。
原題が「時越愛」でその名の通り、2年の時を越えたありえない恋物語。でも、2人が出会う海辺の家「イルマーレ」をはじめ、映像が美しく、なんといっても「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンの女の子らしい一面が観れる作品です。邦題はその海辺の家から取ってます。

ハリウッドでリメイクされたこちらの原題は「The Lake House」。
あっ、湖畔の家に変わってる・・・ そして、「イルマーレ」は家ではなく、2人が待ち合わせする予定のイタメシ屋の名前に。邦題は同じでも、なんだか微妙に意味が違ってきてます。

基本的なところはオリジナルを尊重してるものの、中盤からラストにかけては違ってるので、比べてみると面白いです。個人的には韓国版の方が断然好き!

手紙がタイムスリップするポストや、見てくれが良くても水道やガスがどこから来てるか分からない家に不満を持つ方は観ない方が無難かも。

【オリジナルもネタばれ】
a0031718_14445859.jpg

チョン・ジヒョンとサンドラ・ブロックはどう考えてもイメージ合わないのですが、タフな医師という設定なら悪くはなかったですよ。ただケイト(サンドラ・ブロック)の行動は気に食わない!

彼が自分の誕生日パーティーを開いてくれたのに、初めてあった男、実はアレック(キアヌ・リーブス)とキスするのかよ(^^; そもそもオリジナルでは途中で、こんな出会いがなくて、男は彼女の顔を知ってるものの彼女は手紙でしか知らないんです。そこが2人を応援したくなるところなんだけど、この作品は最後の出会いの感動が薄くなっちゃいますね。

2人の手紙のやり取りも、オリジナルは手紙の届くのが待ち遠しい雰囲気がありました。こちらは、映像的には映画ならではの良さがありますが、2人距離感が近すぎて、2年離れてるという気にならないんです。テンポ良くなってる分、色々と余計なことを付け足したのが裏目に出てる。

上で書いたようなことは、好みの問題だとは思いますので、特に韓国版を観てない方は気にならないかもしれません。「マッチポイント」に続き、ドストエフスキーの「罪と罰」が出てきましたね(^^)

2006年9月24日(日) 伊丹TOHOプレックス
イルマーレ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-09-29 00:27 | 映画レビュー
<< 凱旋門賞の先にあるもの(追記あり) 「コンフェッション」 >>