【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「日本vsガーナ」 2006.10.04.
坪井、トゥーリオ、怪我で辞退する中(加地も)、DFラインをどうするかが注目でした。
練習では今野を使ってましたけど、それなら山口使えよっと思ってたのに、スタメンも今野。悪くなかったけど、先のこと考えたら、あまり意味のない使い方だなと。ここまでDFいない中で、宮本呼ばれないところみると、完全にないですな。そいえば、マリノスの栗原はもうだめなん?

FWは播戸はスタメンかと喜んでいたら、佐藤寿。これは妥当でしょうね。昨年からずっと調子の波なく頑張ってきたから、ようやくスタメンという感じでした。ただ、チャンスメイクはしても、シュート打てずに交代は、物足りません。

前半DFラインを上げてくるガーナの裏へ抜けるパスが出るものの、決めきれない。GKと1対1になるシーンも多かったけど、躊躇してる間に、後ろからDFに追いつかれる。そしてお決まりの決定力不足。駒野がドリブルでかわして打ったシュートは惜しかったですね。ガーナのシュートもなかなか枠に飛んでなかったから、点取られる気はしなかったんだけど。

後半になって、両チーム選手を代えだしてから、ガーナが先制。さすがにあの位置ではシュート外さないよね(^^;でもよく詰めていたと思います。そして玉際に強いから、抜けたと思ってもボールとられてるんだよね。日本はカウンター仕掛けたくても、前線に行くまでにボール取られてましたね。

日本も続々と選手を代えて、誰がどこにいるかよく分からなくなってた。
ガンバ勢も播戸と二川が代表デビュー。播戸はよくボールを追いかけ、ゴール前に顔を出すも、タイミング合わなかった。流血しながらも彼らしさを出していたとは思います。二川は時間が短すぎて顔見せ程度。交代組では、中村憲がスルーパスを常に狙ってました。もう少し慣れてきたら、面白いでしょうね。

あとはスタメン遠藤。
駒野のスルーパスに飛び出したり、ドリブル突破からスルーパス出したりと、出すだけでなく、受け手もやろうとする意識が出てきた。でも、ガンバの活躍を知ってるとやっぱり物足りなさを感じてしまいますね。

ガーナは、強敵ですが、弱点をついてくる訳でもなく、引かずに攻めてくるので、やりやすかったのではないでしょうか。まぁ今年は新しい選手を試すんでしょうし、結果は問いません。トルシエにしても、ジーコにしても最初の2年は試行錯誤が続いたし、今はこんなものだと思います。

ドイツWカップ、ガーナ戦観戦記
E組「チェコvsガーナ」 2006.06.16.
「ブラジルvsガーナ」 2006.06.27.
[PR]
by borderline-kanu | 2006-10-04 23:18 | サッカー
<< 「フラガール」 2006 CINEMA (~9月) >>