【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
「ブラック・ダリア」
ルービック・キューブを適当に回してたら、完成してしまったような感じのする作品でした。前半と後半のバランスが悪く、残り30分で急に早送りになった気分。内容的には魅力があるので、どうせなら3時間ぐらいかけてもいいから、しっかり描いて欲しかったです。

【多少ネタバレ】  ↓どこがヒラリー・スワンクとそっくりやねん!!
a0031718_212742.jpg

主役の2人バッキー(ジョシュ・ハートネット)とリー(アーロン・エッカート)の感情が見えてこない。2人がブラック・ダリア=エリザベス・ショート(ミア・カーシュナー)に何故のめり込むのかというのが、イマイチはっきりしないので、複雑な話をさらに判りづらくしてる気がします。

特にバッキーはエリザベスのスクリーンフィルムの見ることで、彼女に惹かれていったのだろうけど、映画観てる限りでは、あやふやなんですよね。エリザベスにそっくりというマデリン(ヒラリー・スワンク)、に溺れていくということで、エリザベスに重ねてるのかなと思ったぐらいなので。そうじゃないと、ただの女好きでしかない。そしてマデリンとエリザベスが似てないのは、致命的でしょ。デ・パルマ監督以外誰も似てると言わないと思うんだけど(^^;

リーはエリザベスを失踪して殺された妹に重ね合わせてるということらしいけど、本人からの視点からは何もない。その上、裏工作を色々やって、あっけなく殺されてしまう。あの時、ジョージィはマデリンに指示されてやってきたんだろうか?

「マッチポイント」のスカーレット・ヨハンソンが魅力的だったので、期待してたのですが、普通だったなぁ。でも「マッチポイント」に続いて、登場人物の中では一番まともな役でしたよね。3階にあるバスルームって、なんだか、やらしい(^^;

本筋とは関係ないところでは、検死官の二重アゴが凄くて、セリフよりも顔に目が釘付け。「ハウルの動く城」の荒地の魔女みたいでした(^^;
地震が一度あったけど、あれはなんだったんだろう。

2006年10月20日(金) 伊丹TOHOプレックス
ブラック・ダリア@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-10-26 22:13 | 映画レビュー
<< 2006 CINEMA 「16ブロック」 >>