【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2006年度 日本インターネット映画大賞日本映画部門
昨年に続き2回目の投票です。→2006年鑑賞作品

[作品賞投票ルール]
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「嫌われ松子の一生」  8点
  「フラガール」       6点
  「かもめ食堂」       5点
  「ゆれる」          5点
  「THE 有頂天ホテル」  4点
  「ディア・ピョンヤン」    1点
  「日本以外全部沈没」   1点

【コメント】
邦画は色々なタイプの作品に出会えて、面白かったです。
稼げる映画ということを考えれば、ドラマの映画化は、仕方ないかもしれないけど、安易に作って欲しくないですね。今年も目白押しなので、これが逆に邦画離れにつながる可能性だってあると思います。

「嫌われ松子の一生」は原作を生かしながらも、映画ならではの可能性を感じさせますよね。また、昨年一番泣けた作品!ちなみに2番目が「フラガール」。「かもめ食堂」、仕事で疲れたときには、サチエさんと話したくなるなぁ。
「ゆれる」と「THE 有頂天ホテル」は正反対な作品だけど、どちらも脚本が魅力的。「ディア・ピョンヤン」は北朝鮮の今を見れると同時にひとつの家族の物語です。子供を思う気持ちに国境はない。「日本以外全部沈没」は、大笑いしながら背中に寒いものを感じましたよ。

【監督賞】         作品名
   中島哲也   「嫌われ松子の一生」
【主演男優賞】
  該当なし
【主演女優賞】
  中谷美紀    「嫌われ松子の一生」
【助演男優賞】
  香川照之    「ゆれる」
【助演女優賞】
  蒼井優     「フラガール」
【新人賞】
  該当なし 

 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
[PR]
by borderline-kanu | 2007-01-13 01:00 | 映画その他
<< 「リトル・ミス・サンシャイン」 「鉄コン筋クリート」 >>