【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「ラッキーナンバー7」
大好きなガイ・リッチー監督の「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」や「スナッチ」に似てそうだと勝手に思い込んで期待してました。脚本も10年越しでリライトされたそうで練りこまれてたし、伏線もちゃんと収束してるから好みの作品なんだけど・・・

役者が揃ってる割には、みんな上品なんですよね。破天荒なキャラがいてもいいのにって思いました。例えば先にあげた作品に出てるヴィニー・ジョーンズやベネチオ・デル・トロみたいな役をやる人がいないんです。洗練されすぎてて、荒削りなだけど魅力的なところがないというか、それが惜しい。イギリス映画とハリウッド映画の違いなのかな~

【しっかりネタバレです】
a0031718_0171281.jpg

私には珍しく、早々にあの子供がスレヴン(ジョシュ・ハートネット)って判ってしまったんですよ。ジョシュにそっくりなんですもん。それは置いておいても、人は沢山死ぬんだけどコメディタッチなところと、スレヴンの目が鋭くなる復讐モード(謎解きモード)のギャップは良かったです。

格好いい男の不幸って楽しい(^^; ただの嫉妬?! 
でもスレヴンは不幸ずくしなのに、余裕がありすぎじゃないですか?不幸背負ってる顔が似合う人ならもっと良かったと思う。

ミスター・グッドキャット(ブルース・ウィリス)の20年前の顔が笑えます!
若返るには、あーするしかなかったのかもしれないけど、落武者ヘアにヒゲは・・・ それとあそこで同情するのは、殺し屋としては3流じゃないの。

ベン・キングズレーの貫禄はさすが、それに比べてモーガン・フリーマンはボスって感じがしなかった。紅一点のおせっかいルーシー・リューはジョシュとの年の差は気になるものの、生き生きしてました。

邦題センスなしですね。
ラッキーナンバースレヴンって馬の名前を尊重してやってください(^^;

2006年1月21日(日) 伊丹TOHOプレックス
ラッキーナンバー7@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-01-24 23:34 | 映画レビュー
<< 2006年マイベストブックス 「ダーウィンの悪夢」 >>