【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「幸せのちから」
クリス・ガードナーという人の自伝です。ちなみに、まだ亡くなってません。
ウィル・スミスと息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス(長~い)が共演ということで話題になってましたが、どうせなら奥さん役でジャダ・ピンケット=スミスも一緒に出れば良かったのに。まぁ、あの役じゃ出たくないか。

【ネタバレです】  ↓アーノルド坊やみたい
a0031718_22433314.jpg

今、この話を映画化する必要性を感じないんですけど、タダの自慢話ちゃうのと思う私は、心が狭いですか(^^; 

最後に、『合格した会社を辞めて、1987年に会社設立。2006年もお客様に信用していただける会社として頑張ってます。』といったようなテロップが流れるんだけど、映画利用してちゃっかり会社の宣伝まで!クリス・ガードナーの顔は知らないけど、ウィル・スミスに演じてもらったら、そりゃイメージアップだし、気分良いよね。

彼は貧乏だったけど、かなり頭いい人だったんですよね。
この時点で自分と合わせて見ることできないじゃないですか(^^;
もちろん、頭いいだけじゃなく、必死になって仕事と子供の面倒をみたことは素晴らしいとは思うし、先が見えない中で、心が折れずにやりきったことは、精神的にタフじゃないと無理ですからね。ただ、予告編だけで、ほとんど筋判ってしまうから、やたら長く感じました。

息子とのシーンが多くて、仕事ができるというシーンが端折られていて、ライバル会社から31人も乗り換えさせたというのが、会話だけというのも極端。苦労してるのは分かっても、努力して成果を出してるのが分かりづらいんですよ。だから明日も来てと言われる感動シーンも出来レースように見えるんだよな(^^;

ラスト息子と2人で坂の向こうへ消えていくシーンの2人の会話の意味が全くわかりません!アメリカンジョーク的なことを言ってたと思うけど、あれで終わりは、モヤモヤが残りましたね。

そして一番気になったのは、奥さんのこと。
NYへ行ってから出てこないから、多分別れてしまったんだろうけど、息子のために再会するところで終わって欲しかったです。

ウィル・スミスは抑えた演技で悪くないけど、実話と言ってもありがちな話の上に、映画としての娯楽性もないので、私には合わない作品でした。

2007年1月28日(日) OSシネマズミント神戸
幸せのちから@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-01-29 00:36 | 映画レビュー
<< 「ディパーテッド」 2006年マイベストブックス >>