【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
「ディパーテッド」
「インファナル・アフェア」シリーズのリメイクということで期待と不安が入り混じりながらの鑑賞。

2時間半の大作とはいえ、元のシリーズは3部作、物語の深みは表現しようがないのは観る前から判っている。物語の深みというのは、時間の長さだけでなく、無間道の世界観が大きいと思う。主人公だけではなく、主要登場人物が持っている心の闇、葛藤があぶりだされて来る様や、単純に善悪で判断できない混沌が魅力だったんですよ。一番興味があったのが、その空気感がどのように変わってるかということでした。

結果、話の大筋は変わらないけど、かなりドライになったという印象。主人公2人の気持ちよりもスピード感を重視していて、見応えはあります。(ラストは気に入らないけど。)

比較することに意味のないことも重々承知はしてるのに、やはり、どこが違うかというところに目が行ってしまいますね。下では違いを比べながら、良し悪しを勝手に書いてますので、元作品もネタバレですよ。 

【ネタバレです】
a0031718_2331970.jpg

★潜入期間が短い
マドリン(ベラ・ファミーガ)がコリン(ディモン)と付き合ったのが4ヶ月というのがあったので、潜入開始から2~3年で決着してると思われます。このおかげで、警察学校時代に別の役者を使わなくても、違和感なかったですよね。おまけコリンの子役は目のあたりがそっくり!将来はサル顔決定やなぁ(^^;
ただ、いくら情報をもらえるからと言って、出世早すぎや。

ビリー(ディカプリオ)は、眉間のシワは深いけど、あまり追い詰められた感じがあまりしないんですよ。トニー・レオンの疲れきった顔と比べてしまうからか、余裕があるように見えました。

★上司2人
アイリッシュ・マフィアのボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)は、顔のアップ多すぎ(^^; 個性的で好きなんだけど、すっかり2人を食ってましたね。
それに比べて、警察側のクイーナン警部(マーティン・シーン)は地味。落下死の場面も、それまでにあまりビリーとの絡みがなかったから、グッとこなかった。ディグナム(マーク・ウォールバーグ)は文句しか言ってない気がします。大事な役だけど、勝手に消えて、あんな再登場はないでしょう。ご都合主義の最たるもんです。

★FBI
マフィアのボスがFBIと通じてることって普通あるんでしょうか?
この設定で、コリンがいつかは売られるんじゃないかという疑心暗鬼で、コステロを殺す理由ができたのは上手い。ただ保身のためにやったという部分が強調されてしまいました。

★直接対決
エレベーター前で、同期のデブッちょが出てきたときは、こいつがネズミか!って思ったけど、被害者1人増やしただけやったんですね。あんまり覚えてないのですが、オリジナルでは銃声だけ聞こえて、扉が開いた時に、ラウだけ出て来なかったですか?全部見せるよりこの方が好きかな。

★恋愛
2股にしないと封筒渡すことできないけど、どうせならもう一人女性出した方がすっきりすると思った。それに伏線張ったわりに、退職してるディグナムに封筒渡したとは、考えづらいです。

比べると言いながら、文句しか書いてない(^^;
やはりオリジナルを知らなければ、より楽しめたということかな。

2007年1月28日(日) OSシネマズミント神戸
ディパーテッド@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-02-04 00:24 | 映画レビュー
<< 「それでもボクはやってない」 「幸せのちから」 >>