【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
「オアシス」
【ネタバレです】

刑務所を出たばかりのジョンドゥ(ソル・ギョング)がマンションからツバを落とすシーンは笑った。きっと子供の頃はみんなしたよね。
このシーンが大人になりきれない、本能のまま生きるジョンドゥを象徴してるんやなぁと思いました。

脳性麻痺のコンジュ(ムン・ソリ)が最初に画面に現れてから、しばらく何が違うんやろという気持ちがどんどん大きくなった。私自身が今まで身障者と面と向かったことがなかったから、画面一杯に必死で生きようとする彼女の姿を見て、戸惑っているんだと気づいた。

この作品の誰が一番共感?したかというと、コンジュを取り巻く人たちなんです。コンジュを利用して、障害者用の住宅に住むも、厄介もの扱いする兄夫婦。コンジュの世話をする隣の夫婦も、どうせ障害者だからという態度が見え見え。彼女と接する時以外は、どこにでもいる普通の人たち。

強姦事件?が起こった時も、誰も真剣にコンジュの話を聞こうとしなかった。コンジュが恋愛なんてするはずがないと皆が思い込んでいるから。
でもそれが現実なんだろうし、私は違うとはとても言えない。

だからこそ、2人には幸せになって欲しかったけど、そう上手くはいかんよね。

コンジュの空想するシーンは、素晴らしい。
彼女の気持ちは、見てる人には判りづらいけど、空想シーンが入ることでストレートに伝わる。恋をしている普通の女の子なんよね。

ラストのジョンドゥが木を切り、それに応えてコンジュがラジオのボリュームを上げるとこは、二人はしゃべれなくても気持ちが繋がってるんやと、思わずほろりときました。

ムン・ソリの演技は凄すぎです。演技に見えないリアリティがある。空想のシーンは、演出的にも良いけど、監督のムン・ソリに対するご褒美のような感じがするんですよ。

チラシやHPのトップページの素の2人の写真は気に入ってます。

ブログ開設時期の関係で過去の鑑賞分を掲載しています。
2004年5月22日(土) シネマ・アイリス
[PR]
by borderline-kanu | 2004-07-04 22:10 | 映画レビュー
<< Jリーグ・オールスター 1人暮らしのプチ悲哀 >>