【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
「クワイエットルームにようこそ」
「恋の門」に続く松尾スズキ監督、長編2作目。
大人計画の舞台は観たいと思いながらまだ行ったことがないのですが、「イン・ザ・プール」「恋の門」での演技者としてのはじけっぷりや、監督としては、前作や「ユメ十夜」の中の短編で奇抜なだけでなく、しっかりと構成された私好みの作品を作ってるので、楽しみにしていました。

仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日、目が覚めると見知らぬ部屋にいた。そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる隔離された閉鎖病棟で、ナースから薬物とアルコールの過剰摂取により運び込まれたと説明される。さまざまな問題を抱えた患者たちと出会う中、彼女は自身を見つめ直してゆく。(シネマトゥデイ)

【ネタバレです】
a0031718_0343997.jpg

クワイエットルームで目覚める明日香の恐怖が手に取るように伝わってきました。
記憶を無くした状態で手足を拘束されて、外からは悲鳴、ドアの隙間から怖い目をした女・ミキ(蒼井優)が覗いていたら、それだけで私なら狂っちゃうんじゃないかと思いますよ(^^;

内田有紀は久しぶりに見たのですが、全然見た目のキレイさは全く変わってないですね。主役としての存在感がありました。離婚で吹っ切れたのか、ゲロまみれになったり、クドカンのおしり触って、落ち着いたり、やってくれたなという感じ。これからの彼女の演技にも期待できそう!

蒼井優は凄い。あの髪型も効果的だったとは思いますが、本当に拒食症のようにみえるんですよね。

入口はコメディタッチなのが、明日香の事実が見えてくるのにしたがって、シリアスになっていく。でも暗くなりすぎないサジ加減が絶妙なんですよね。特にラストで明日香が退院する時は爽快な気持ちさえ起こってきます。入院患者も一見個性的なんですが、特殊な人たちと言うよりかは、ちょっとした心のバランスがずれただけで、誰にでもあそこに入る可能性があるような描き方をしてるのが、上手いし怖さもあります。

メールアドレス『ハッピーライフ』は皮肉でしたね~

2007年11月14日(水) ホール・ソレイユ
クワイエットルームにようこそ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-01-03 00:39 | 映画レビュー
<< 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 2007年 映画ベスト10 >>