【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
前作「ALWAYS 三丁目の夕日」はCGの使い方が上手かった。昔の東京の街並を再現することがこんなにはまるとは思いませんでした。東京タワーが出来上がっていく工程と復興してきた東京で力強く生きていく人たちの物語が上手く交差していて、誰もが安心して観れる作品でした。だから、続編ができると聞いて、物語的には心配でしたが、映像は楽しみでした!

昭和34年、東京オリンピックの開催が決定し、日本では高度経済成長期が始まろうとしていた。黙って去ったヒロミ(小雪)を思い続けながら淳之介(須賀健太)と暮らす茶川(吉岡秀隆)のもとに、実父が再び淳之介を連れ戻しに来た。(シネマトゥデイ)

【ネタバレです】
a0031718_2239458.jpg

前作はメインが鈴木オートでサブが川(吉岡秀隆)&淳之介(須賀健太)だったのが、今作では逆になっていましたね。それ自体は問題ないけど、登場人物が増え、話がてんこ盛りで見応えがある分、茶川&淳之介の話がブツ切りになっていたのが残念でした。それでも、内容はどれもベタでありながらも、基本的に悪人がいなくて(詐欺師はいたけど)安心して見れる話やったと思います。続編としてはインパクトは劣るものの平均点以上の出来やったんちゃうかな。

茶川の書いている小説は、黙って去った行ったヒロミ(小雪)への想いが書き綴られていますが、こういう芸術家タイプの人が自分の作品に好きな人への想いをこめるパターンって多いんでしょうか。小説の内容がラストまで明かされてないことで、予想はつくんだけど前作からの2人の気持ちが判ってるだけ(結果的に大きな伏線となって)、グッきてしまいますね(^^; 
ちょうどこの映画を観る前にDVDで「ラブソングができるまで」を鑑賞したのですが、これも同じパターンでした。 他にもあったら教えてください!

細かい部分も前作からの流れがあって、氷屋だったピエール瀧が、冷蔵庫の普及で商売あがったりで、アイスキャンディー屋に転職していたり、六ちゃん(堀北真希)がやっとシュークリームにありつけたり、宅間先生(三浦友和)の焼鳥など、ちょうど予習してから鑑賞したので、関連シーンが嬉かったです。

誰もが思うでしょうがやっぱり、淳之介デカ過ぎ(^^;

2007年12月16日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
ALWAYS 続・三丁目の夕日@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-01-06 22:40 | 映画レビュー
<< 「パンズ・ラビリンス」 「クワイエットルームにようこそ」 >>