【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」
もう2ヶ月前、あまり覚えてないので、少しだけ・・・
a0031718_23293168.jpg

前作「ナショナル・トレジャー」は、家族向けの無難な謎解きアクションでした。この作品も正直言って、あまり観たい気も起こらなかったんですが、年末から気が滅入る映画を観てきたこともあって、何にも考えなくて良い映画がを観たくなり鑑賞しました(^^;

必要以上に豪華な脇役陣のせいで、いくら頑張っても主人公たち3人は薄っぺらく見えてしまいますね。相変わらず、一生かけて解く謎と言っても良いぐらいなのに、何の障害もなく解決していく様子を見ると、やっぱり感情移入できないなぁ。でも、これはディズニーランドのアトラクションと思えば、ちょうど良いのかも(^^;

ロンドンに行ったベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)を追いかけたアビゲイル(ダイアン・クルーガー)。NYとロンドンって近いんやって、子供が見たら勘違いしそうなぐらいあっさりとやって来た。1作目で金持ちになったら金使い荒くなってるなぁとか、気になりました(^^;

アメリカって、家門ってそんなに大事なんでしょうか。悪役かと思ってたエド・ハリスも、家のために死んでいったようなもんでしたしね。歴史も浅いし個人主義のイメージがあるから、マフィアとか以外は、もっとあっさりしてるんかと思ってましたよ。

2008年1月6日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-03-02 23:50 | 映画レビュー
<< 「潜水服は蝶の夢を見る」 「死神の精度」 伊坂幸太郎 文庫 >>