【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
「Sweet Rain 死神の精度」
【ネタバレです】
a0031718_2316615.jpg

原作を読んで鑑賞しました。
伊坂幸太郎にしては平凡な(失礼だけど)作品やったと思うので、たいして期待もしてなかったんですよ。それでも、映画とは別物とは言え、半分はただのグチです(^^;

死神だけで繋がってるの3人の物語を、1人の女性の物語に変えたところは、映画的には正解でしたね。それぞれの大筋を変えずに、人物設定を置き換えたことで、連作短編の趣きがあり、伏線もあるので最後までダレずに観る事ができた。

原作も時代を越えた短編なんですが、本で読む時は、頭で想像する分、違和感は少ないし、逆にこんなに時間が過ぎていると感じた瞬間が、腑に落ちたり、「こう来たか!」と嬉しい気持ちになったりできるんですよ。

でも、映像はごまかし様がないから、竹子ロボが出てきた瞬間、ぽかんとしてしまいました。しかも、ロボ以外は、全然未来感ないし(^^; あんなんするなら、最初の物語を無理に古臭さ出す必要ないやん。

死神は、金城武のしゃべってるイメージぴったりでした。
でも、これも本で読んでるから良いのであって、「難破とナンパ」や「見にくい顔と醜い顔」シリーズは、間が難しいから、笑えないんすよ。劇場もどちらかと言うと失笑気味でした。
金城武は、邦画でなくていいです、中華圏で出てる方が彼らしさが生きるんじゃない?!

2008年3月23日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
Sweet Rain 死神の精度@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-03-27 23:16 | 映画レビュー
<< 2008 CINEMA 「陰日向に咲く」 >>