【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
「茄子 スーツケースの渡り鳥」
パオパオビールが帰ってきた!
OVA作品として「茄子 アンダルシアの夏」の続編が日本を舞台に戻ってきました。前作でロードレースに俄然興味持ってしまって、(実際のレースは観たことないけど・・・)、早速借りてきました。

今回も主人公はぺぺ(大泉洋)。同僚のチョッチ(山寺宏一)との写真は、何度見てもルパンと次元大介のように見えるんですよね(^^;

【ネタバレです】
a0031718_23563299.jpg

ジャパン・カップの開催場所は宇都宮。
日本のスタッフのひかるのお勧めの漬物屋で今回も茄子漬け出てきました。このシーンでひかるも茄子漬が一番好きという話があったんで、来年行き場のないぺぺは、ひかると意気投合して、日本に住むみたいなオチかなと思ったけど、あっさりスルーされてました。

その他にもスター選手のザンコーニがあえて残り1周でリタイアする不完全燃焼さも、それならレース出なくてもよかったんちゃうかなと思えるし、54分という時間で完結する分、サイドストーリーは中途半端な感じが否めません。しかし、前作以上にレースシーンは多くて、アップダウンの多いコースでの駆け引きとレーサー視点でのスピード感溢れる映像は、見応え十分です。

また、体重をコントロールするための食事制限やトレーニングに苦労し、何のためにレースをしているかと悩んでいるチョッチの姿は人生と置き換えると非常に身近に感じます。そんな中、ペペが「俺は勝つために生きている」と言いながらも、最後はチョッチを勝たせるために自分が無理をするところはとても好きなシーンでした。

地上波でロードレース観れないかな・・・

2008年5月17日(土) DVD
茄子 スーツケースの渡り鳥@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-05-21 23:57 | 映画レビュー
<< 「プラネット・テラー in グ... 「パリ、ジュテーム」 >>