【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「プラネット・テラー in グラインドハウス」
ロバート・ロドリゲス監督作品は、「デスペラード」「レジェンド・オブ・メキシコ」しか観てないので、ギターケースに銃仕込むシーンしか思い出せません。今度は足にやっちゃいましたか(^^;

「グラインドハウス」とは→こちら
「デス・プルーフ in グラインドハウス」はこちら

【ネタバレです】
a0031718_18481860.jpg

グラインドハウスを再現しようと思いついた時点で、この映画は成功でしょう。
なんだか、監督2人がこの企画について話してるところが、目に浮かぶようです。「せっかく、グラインドハウスやるなら、徹底的にやろうぜ。」「そんなら、予告編も入れちゃおう。」「映像も、それらしくノイズ入れる?」「コマ送りとか急にモノクロにてもいいやん。」「どうせなら、フィルム燃えたことにしよう!」とか、やたらテンション高そう(^^; 監督自身が楽しんで作ったんだろうなというのが画面から伝わってきますね。 

予備知識なしだったので、フェイク予告編が入ってることも知らず、すっかり本編と思って観ちゃいましたよ。「マチューテ」、メキシコ人をなめるなよ!というナレーションが印象的、グラインドハウス2でぜひやって欲しいわ。それ以外にもアメリカでは2本ほどフェイクが入っていたそうで、そちらも観たいなぁ(^^)

この作品でしかできない飛び道具、フィルム焼失!
やらしいシーンになってこれからってところで、炸裂しました(^^; ここしかないタイミングですね。次はいきなりゾンビ化してない登場人物が大集合してるし。監督の演出というか、遊び心凄いです。

待ちに待った、チェリー(ローズ・マッゴーワン)のマシンガン装着姿は、意外と出てくるのが遅かったけど、そこからは大活躍でした!笑いが止まりませんもん(^^) マシンガンだけじゃなく、ロケット弾みたいのも撃ってましたね。どうなってるの!!
ブルース・ウィリスの顔の変形具合も見ものです。

ホラー、エロ、グロ、コメディ要素のたっぷり詰まった、最高のB級映画でした。

2008年4月27日(日) DVD
プラネット・テラー in グラインドハウス@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-05-24 18:57 | 映画レビュー
<< 「ナルニア国物語 第1章:ライ... 「茄子 スーツケースの渡り鳥」 >>