【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「デス・プルーフ in グラインドハウス」
ブラボー、タランティーノ!
先に「プラネット・テラー in グラインドハウス」を観たので、どうしても比べてしまいます。観る前は、ロバート・ロドリゲスの勝ちだろうなと思ってたけど、いやいやどうして、ラストのカタルシスは最近にないぐらい最高の作品でした(^^)

【ネタバレです】
a0031718_17534714.jpg

前半の女の子たち全員死んじゃうとは!
1人生き残って、後半復讐するのかと勝手に思ってました。これじゃ話が切れてしまうと思ったけど、最後まで観終わって納得の前半でした。スタントマン・マイク(カート・ラッセル)やり放題のがあったからこそなんですよね。

この監督らしいどうでもいい長話、苦手な人もいるとは思うけど、映画の緩急にもなってるし、私は結構好きなんですよね。今回は、話の中でゾーイ(ゾーイ・ベル)が体が柔らかいと言うエピソードも出てきましたよね。

キム(トレイシー・トムズ)とゾーイは何をやりだすんやと思ったら、ボンネットの上に乗って爆走するとは、スタントマンとは言えアホや(^^; そして底抜けに明るいのが笑えます。スタントマン・マイクが現れてからのカーチェイスも自分が運転している気分で手に力入りますよ。でも一番気になったのは、借りた車ボロボロになっていくとこ。買い取らないといけなくなったんやなぁと。まぁ、 彼女たちは全く気にしてませんでしたが(^^;

キムがスタントマン・マイクに放った銃弾が復讐スタートの合図。
クラッシュしボンネットから吹き飛ばされたゾーイが、満面の笑顔で草むらから顔を出すシーンが好き。その後、箱乗りのでフォッッーと雄たけび上げて、マイクを追いかける姿にすでに爆笑。追いつき、如意棒を振り回す孫悟空のごとく、マイクをどつき回すゾーイは、ほんまに勇ましい。

それに引き換え、撃たれた後のマイクのへタレっぷりも、最高です。泣きながらキムの車から逃げる姿は、前半の狂犬のようなイメージが植えつけられてるから、ギャップが強烈なんですよね(^^; 最後はキムとゾーイにボッコボコにされてとこで、THE END。その後のカカト落としがトドメでした!

置き去りにされたリー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)の安否が気になります(^^;

2008年5月10日(土) DVD
デス・プルーフ in グラインドハウス@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-05-30 17:58 | 映画レビュー
<< 「13/ザメッティ」 「ナルニア国物語 第1章:ライ... >>