【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
登場人物がみんな風変わりで、家族の物語。
ポジティブだと「リトル・ミス・サンシャイン」。ネガティブになると「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」。全然違っても、どちらも面白いのは間違いないです(^^;

【ネタバレです】
a0031718_2312294.jpg

家族の絆が壊れた時、他人なら会わなくなれば済むことも、家族ではそうはいかない。可愛さ余って憎さ百倍と言ったところでしょうか。この作品の登場人物は、ちょっと変なのは確かだけど、あんな家族はいないと自信をもっては言えないのが、最近の日本なんですよね・・・ そういった意味では妙にリアルな気がします。

話もサクサクと進んでいき、ゴシップ好きの村の人々と同じような視点で観てるので、悲惨さが感じにくいんです。だから感情移入することもなく観ていたんですが、あのシーンだけはドキッとしました。

それは、宍道(永瀬正敏 )が澄伽(佐藤江梨子)と密会している時、清深(佐津川愛美)に見られていたことに気づき、ガラス戸を閉めたシーンです。
澄伽と関係を持ってしまったのは自業自得かもしれないけど、登場人物の中で唯一まともな宍道は、家族の絆を繋げておこうと努力してきた。でも清深に見られたことで、自分ができることはもうないと悟ったんだろう。その後、炭焼き小屋で自殺してしまう時の焦点の合わない呆然とした表情に、業の深さを感じました。

待子(永作博美)が初めて宍道と初めて結ばれた次の日の表情がものすごく良かった。ずっと1人でやっと家族が持てたのに、また1人に戻ってしまうところは本当に皮肉な人生なんだなと思います。彼女くらいは幸せになって欲しかったなぁ(^^;

2008年5月6日(火) DVD
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-06-25 23:48 | 映画レビュー
<< ふたご座の男の子 「理由」 >>