【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「アフタースクール」
「運命じゃない人」に続く内田けんじ監督第2作です。

母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに神野の知らない木村の姿が明らかになり、事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。(シネマトゥデイ)

【ネタバレです】
a0031718_22564398.jpg

冒頭のぎこちなさは、後半でしっかり判るようになっているので前半から見逃せません。

もうすぐ子供が生まれるはずなのに何か晴れない顔をしている木村(堺雅人)。ベビーベットの設置を木村の友人で高校教師・神野(大泉洋)と一緒にするおっさん。神野が久々にあった同級生の探偵・北沢(佐々木蔵之介)に文句も言わず木村探しの手伝いをするのは?子供が生まれる時に車で病院へ送ってくれた人がなんで出産後もずっと立ち会ってるのか?あんなに探してた木村が自分の部屋でくつろいでるのを見ても、なんだか的外れな会話になっていたりと、挙げだしたらなんぼでも出てきそうなぐらい、小さななぜ?がたくさんあるんですよね。

そう思いながら、見続けると一瞬で置いてけぼりにされてしまいます。
えっ、えっ、えっ、今まで見てたの何だったの?って感じ。柔道で組んだ瞬間に投げ飛ばされて、自分がなぜ畳に倒れてるか分からなくなることに似てる気がします(^^;
ここで一旦リセットされてから、解決編へ突入!

実は木村の勤める会社の不正を糸口に議員を逮捕するために、警察の手伝いをしていた!私は善良な国民なんで判りませんが、一般人が半年もそんなことさせられるもんなんですかね(^^;
そのあたりのリアリティは微妙な気もします。

それでも心地良いドンデン返しにラストのエレベーター内での木村と神野の妹(田畑智子)の会話が恋人同士じゃなく、失恋を慰めてるとこだったのも、思わず笑ってしまいました。

今回は鑑賞後、すぐ2回目を観てしまいました!
そうすると俳優たちの微妙な表情や行動が手に取るように判って、本当に楽しかった。あゆみ(常盤貴子)のことを実は好きだった木村、子供のお腹にさわる仕草なんて、理由を知ってるとせつなくなってきます。

そしてあゆみのお父さんかと思っていたら、実は警察であったり、ベビーベットの設置を手伝った人や病院に連れて行ってくれた人もみんな警官だったり。神野が木村と妹が一緒に写ってる写真を見た時に、北沢が怪しいと感じた目線など、1回目よりも違う楽しみがたくさんありました(^^)

2009年1月4日(土)DVD
アフタースクール@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-01-11 23:05 | 映画レビュー
<< モス とびきりハンバーグサンド 「HERO」 >>