【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
「ダークナイト」
「バットマン・ビギンズ」に次ぐ、クリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズ第2弾。前作はビギンズだから仕方ないですが、ゴッサムシティに戻ってくるまでが長過ぎました。それに比べ、今作は冒頭からエンジン全開で個性的なキャラクターのぶつかり合いを楽しませてくれたね。

悪役が魅力的なほど映画は面白くなりますが、ジョーカーはバットマンを食うぐらい存在感がありました。お金や富に執着せず、自分の中だけの価値基準で行動する絶対的な悪というのは「ノーカントリーのシガーを思い出します。
そして、ジョーカーを演じたヒース・レジャーの遺作となってしまったのが残念でなりません。ハリウッドにとっても優秀な人材の損失ですね。

【ネタバレです】
a0031718_23233674.jpg

ジョーカーの銀行襲撃シーンはいきなり鳥肌立ちました。
全員覆面してるし、あの中にジョーカーがいると思ってなかったから、誰だったんだろうって、ずっと気になっていて、観終わってすぐにこのシーンだけ見直してしまいました。途中で車で拾われる人やったんですね。車に乗る前には覆面を着けてなかったということは、真昼間に素顔をさらしてたんや(^^;

分け前が減ると言い、仲間を次々に撃ち殺して手に入れた金を盛大に燃やすところは、常識的な考えでは理解できない人物という印象を強烈に与えます。さらに、黒幕として暗躍するのではなく、自ら先頭に立って動くなんてところも、狂ってるとしか言いようがないけど、こういうのがカリスマになってしまうでしょうね。ジョーカーは犯罪をを楽しんでいて、恐怖を感じないんですよ。見ていて怖れを感じないどころが一番怖いと思った。

光の騎士(ホワイトナイト):検事デント(アーロン・エッカート)、爆発後の顔なんて、リアル・ターミーネーターでしたねぇ。バットマンとジョーカーが感情移入しずらい中で、デントが一番分り易いキャラクターでした。虚栄心もあってだろうけど、公人として正義を貫こうとする姿勢と私人としての愛する人を失ったことによる復讐心の塊に成り果てた姿、かなり極端ではあるんだけど、このドラマの中では一番人間らしかったと思います。

バットマン(クリスチャン・ベイル)のやってることは、かなり無茶。香港から誘拐してくるし、ゴッサムシティの全市民の携帯を盗聴したり、ダークナイトというのも頷ける(^^; 正義のためには自分が泥を被る覚悟なのはすごく伝わってきますね。ホワイトナイトのデントにゴッサムシティの行く末を委ねようとするのも、自分を客観的に見れてるからなんでしょうね。

劇場で観たい作品でした(^^)

2008年12月30日(火) DVD
ダークナイト@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-02-04 23:25 | 映画レビュー
<< 初めての風邪? 2008年マイベストブック >>